杜鵑草 器と、そのまわり hototogisu

【北九州催事 】 2017/12/09 「季節のお料理を盛りつけて見よう。 〜お正月の皆敷〜」開催のお知らせ

紅葉も進んで11月も気付いたら中旬に差し掛かり、二十四節季では立冬となりました。
そういえば、少しずつ師走の足音も聞こえてきましたね。今年もあっという間に年末を迎えようとしています。
 
今年の最後のワークショップは『和草(にこぐさ)』さんで開かせて頂きます。
是非ともこの機会に皆敷の盛りつけに触れて頂き、新たな一年が佳き年となるよう思いをのせたお正月を迎えられてはいかがでしょうか。
 
(昨年のワークショップの作品より)
nikogusa
今回は、お正月のおせち料理に使われている季節の葉っぱ(皆敷)を用いて盛りつけます。
お正月の突然の来客時にも慌てない、簡単な盛り付けを行ないたいと思ってます。
また、今回も和草さんの滋味あふれるお料理(おせち料理)をご用意いただき、盛りつけていきます。
皆敷をとおしてみなさんの五感に触れ、そして味わい深い骨董の器に触れていただけると、とても嬉しいです。
 
なお、当日は、少しだけ骨董の器もお持ちしますので、こちらもお楽しみにしてください。
普段使いで馴染みやすい骨董の器なども少し取り入れながらお正月を迎えられると、普段よりも少しだけ素敵な新年のひとときをすごせると思います。

 
 
(文月のワークショップより)
22281155_1321840617942836_52222276_o
これまでご参加されたことのない方、いつもご参加頂いている皆さま、是非、ご参加頂き、お料理と骨董と皆敷の織りなす魅力を一緒に楽しみませんか?
 
今回のイベントをとおして、日頃、ご自宅で作られる食べ物にちょっとしたアイデアと思いを葉っぱにのせて盛りつける事でお料理に素敵なアクセントをつけることをご経験できます。
 

イベント内容:
『季節のお料理を盛りつけて見よう。〜お正月の皆敷〜』
-皆敷ワークショップ- … 器と、そのまわり杜鵑草
おせち料理 … 和草

 
お料理:

「お茶菓子+手しごと 「和草(にこぐさ)」(石米温代さん)

 

日時:
12月9日(土曜日) 11時00分~14時00分 皆敷ワークショップ

 

場所:

お茶菓子+手しごと 「和草(にこぐさ)」・・・☆こちら

 

参加費:
3,800円(ワークショップ、食事代込)

 

募集人数:
15名

 

お申込み方法:お名前、ご連絡先 を明記の上、お電話かメールにてお申込みください。
TEL 090-9601-7468(いしよね)
MAIL nicogusa.haha@gmail.com
facebookからは、必ず返信をもっての受付となります。ご注意ください。
 
和草(にこぐさ)さんでワークショップのイベントが登録されますので、こちらをご確認ください。
和草(にこぐさ) facebook イベントページ ・・・☆こちら
 
 

皆敷をとおしてみなさんの五感に触れて頂けるワークショップにしたいです。

 

 


 
 

◇お茶菓子+手しごと 「和草(にこぐさ)」◇

住所:
福岡県直方市上頓野3469
 
連絡先:
090-9601-7468
 
※営業日、営業時間は上記連絡先へのお問合せ、
 もしくはホームページ(上記、和草Homepageのリンク)でご確認ください。

 

お茶菓子+手しごと 「和草(にこぐさ)」 facebook  ・・・☆こちら

 
 


 
 

杜鵑草では下記の業務を承っております。

  • 骨董の器と皆敷を用いたコーディネイト
  • 骨董の器の販売・コーディネイト
  • 骨董の器(業務用)の修繕
  • 皆敷用の葉っぱの販売
  • 皆敷のワークショップの開催
  • 骨董の器の買取り
  • どうぞお気軽にお問い合わせください。
     
    ご希望の方はメールフォームにてお問い合わせください。
    MAIL info@hototogisu.me

     

    ショップ
    811-1111 福岡市早良区脇山1-14-57
    TEL 090-4758-3496
    MAIL hototo@hototogisu.me

     

    営業情報
    営業日:月・金・土・日曜日
    営業時間:10:00〜17:00
    定休日:火・水・木曜日

     

    器と、そのまわり
    杜鵑草 – ホトトギス -[骨董の器と皆敷]
    代表 三嶋 亜希子

     

    器と、そのまわり 杜鵑草 facebook 公式ページ ・・・☆こちら

    ページトップへ
    mishima

    三嶋 亜希子 プロフィール

    1968年3月、福岡県生まれ。

    骨董商。器コーディネーター。

    「器と、そのまわり杜鵑草」 代表。

     

     幼い時より両親の影響で骨董や山野草に囲まれた生活を送り、茶道、華道を学ぶ。

     

    短大卒業後、広告制作会社、広告代理店などで勤務。24歳のとき、仕事で出会った骨董の器に見せられ、骨董について学ぶようになる。

    学びを深めるうちに、骨董が一部の収集家によって装飾美術品として飾られていることに疑問を感じ、料理とのコーディネートによって、暮らしの中で骨董の素晴らしさを伝えていきたいと考える。結婚して一児の母となった後も骨董に携わり続け、2013年より本格的に骨董商として起業。

     

    茶道や華道の要素および、四季の植物を取り入れた皆敷(料理に添える木の葉など、和食の盛り付け文化)の技法を生かし、骨董と料理が織りなす魅力的な世界の構築に挑戦している。

    季節感や情景の表現を得意とし、独自の皆敷のスタイルを提唱。

    骨董の器と皆敷のワークショップならびにコラム執筆等、精力的に普及活動を行っている。

     

    Facebookページ
    器と、そのまわり 杜鵑草(ホトトギス)

    ×
    mishima

    三嶋 亜希子 プロフィール

    1968年3月、福岡県生まれ。

    骨董商。器コーディネーター。

    「器と、そのまわり杜鵑草」 代表。

     

    幼い時より両親の影響で骨董や山野草に囲まれた生活を送り、茶道、華道を学ぶ。

     短大卒業後、広告制作会社、広告代理店などで勤務。24歳のとき、仕事で出会った骨董の器に見せられ、骨董について学ぶようになる。

     

    学びを深めるうちに、骨董が一部の収集家によって装飾美術品として飾られていることに疑問を感じ、料理とのコーディネートによって、暮らしの中で骨董の素晴らしさを伝えていきたいと考える。

    結婚して一児の母となった後も骨董に携わり続け、2013年より本格的に骨董商として起業。

     

    茶道や華道の要素および、四季の植物を取り入れた皆敷(料理に添える木の葉など、和食の盛り付け文化)の技法を生かし、骨董と料理が織りなす魅力的な世界の構築に挑戦している。

     

    季節感や情景の表現を得意とし、独自の皆敷のスタイルを提唱。骨董の器と皆敷のワークショップならびにコラム執筆等、精力的に普及活動を行っている。

     

    Facebookページ
    器と、そのまわり 杜鵑草(ホトトギス)

    ×