杜鵑草 器と、そのまわり hototogisu

【ご報告】「季節の葉で盛りつける~端午の節句の盛りつけ」ワークショップを開催しました

2019.04.12.019

新しい季節にはいると、なにかが始まりそうな、ウキウキ・ワクワク!自然とそんな気持ちになりますね。
今年は寒の戻りもあって、桜の花も十日過ぎまで少しだけ残ってましたが、葉っぱはどんどん成長し、日に日に葉の色が目立ち始めました。新緑の季節ももう間近に迫ってます。

このワークショップはひとつのテーマをシリーズでやってみたいという希望から始まりました。
第一回は、「七夕の節句」を、第二回が「重陽の節句」をタイトルに、第三回が「お正月と人日の節句」をタイトルに、第四回が「桃の節句(上巳の節句)」をタイトルに、えこわいずさんで行いました。
今回は第五回で「端午の節句」を取り上げました。

前半は講話、後半はワークショップといういう形での開催です…今回でこれも最後だなぁ~としみじみ思ってました。

前半は、“和食の文化にみる「盛りつけ」について” をテーマに、明治から変わり始め今に至る食文化を振り返りながら、現在もなお和食文化としてを生き続ける盛りつけとこれからの私たちについて。

講話は、“ちょっと話の内容が堅いのかなぁ?”なんて思いながらも、参加して頂いている皆さんにはしっかり聞いていただいて、とても緊張感があります…。

2019.04.12.002

五節句の話は今回、「端午の節句」を取り上げました。
端午の節句は「男の子の節句」という印象がありますが、元々は女性のためのお祓いの祀りごとであったこと。
この五月(旧暦で今の6月)という時期は、季節の変わり目でもあり体調を崩す人も多く、なんとかしたいという祈りの想いが強い季節だったのでしょうね。
端午の節句も、中国の行事をもとに日本の行事に取り入れたものではあります。
けれども、この行事に欠かせない、菖蒲の音からいずれ武士の節句となり、繁栄を祈ることから嫡子(男の子)のお祭りとなったのですね。
菖蒲=尚武と結びつけるあたりが、日本人的発想だと思いませんか…?

江戸末期の開国までに作り上げられた日本料理の体系が、明治時代から時を経て現在と加速度的にグローバルな影響を受けていることを改めて考え、知る事は大切なことだと思います。

そして後半はワークショップです。

(ワークショップの様子)

2019.04.12.008

2019.04.12.009

後半のワークショップでは端午の節句をイメージしつつ熊笹で粽(ちまき)を作ったり、お重を使った皆敷でお料理を盛りつけて頂きました。
実はこの粽の中はリエット (パテっぽいの)だったりします。
笹の葉は抗菌作用を持っていることから、こうして手法は古くから伝わる粽の手法だったりしますが、それを見立てる?事の楽しさもこのワークショップで楽しんで頂けるものの一つとしてあります。
今回のお料理は、新緑の季節に合わせ色合いを全てグリーンで統一させてほしいとお願いしました。

今回は、プティ・ダ・プティさんにお料理を作って頂きました。
香月さんご夫妻が作られるお料理には深い深い思いが込められていて、全てこだわりのオーガニックを用いた素材から作られています。

・ブロッコリーの葛寄せ豆腐
・鶏モモ肉のリエットの粽 (ちまき)
・アスパラともちきびのオモニエール(巾着袋)
・ラディッシュのポテトサラダ
・アボガドとクレソンの豆乳キッシュ

・バケット

(参加された方の盛り付けから)
2019.04.12.018
やってる私自身はとてもとても楽しかったのですが、参加された皆さんはいかがでしたでしょうか??
(参加された方の盛り付けから)
2019.04.12.016

この一年、えこわいずさんの「季節の葉で盛りつける」シリーズをやらせていただきましたが、今想うとあっという間の一年でした。
参加された皆さんのご意見を取り入れながらの一年、私自身もとっても勉強になりました。
基本的なことなんだろうとは思いますが、限られた時間内で話をするという事、そして私自身の考えることを資料として配布する事、どれもこれも初めて挑戦することばかりで本当に本当に良い経験をさせて頂きました。

またこの場をおかりして、今回この様な機会を作って頂いたえこわいずの社長、私もわがままを時間を惜しむことなく協力してくれた、和草さん、プティ・ダ・プティの香月さんご夫妻、草花の香りの宗近さん、えこわいずのスタッフの皆さんには心より感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。
そして、参加してくださったお客様、また今回のシリーズを通して参加してくださった方、遠方よりはるばる足を運んでくださったりと、どれだけ励まされたことでしょう…。
心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

2019.04.12.022

これからも、皆敷を使った盛りつけのワークショップを通じ、盛りつけの楽しさと一緒に日本の和食文化の取り持つおもてなしの心がお料理にも自然に散りばめられる……
そんな思いを葉っぱにのせ、少しずつでもこのような機会を増やしていきたいと思っています。

えこわいず facebook 公式ページ ・・・☆こちらから

えこわいずの「季節の葉で盛りつける」ワークショップアーカイブス:

第一回:七夕の節句の盛りつけ(終了)・・・☆ワークショップのようす

第二回:重陽の節句の盛りつけ(終了)・・・☆ワークショップのようす

第三回:お正月、人日の節句の盛りつけ(終了)・・・☆ワークショップのようす

第四回:桃の節句、上巳の節句の盛りつけ(終了)・・・☆ワークショップのようす

第五回: 端午の節句の盛りつけ(終了)

丁寧な暮らしを愉しむ会の案内 ・・・☆こちらから
 
杜鵑草 ~器と、そのまわり~ 於保亜希子

【ご報告】「季節の葉で盛りつける~桃の節句の盛りつけ」ワークショップを開催しました

52974617_381339365783503_904459059577487360_n
 
いよいよ春ですね。
少しだけ気持ちが先走っているかもしれませんが、そんな気持ちにもなる今日この頃の天気です。
今年は例年より少しだけ春の訪れを早く感じます。山を散歩しているとどこからともなく春の香りが漂ってきます。田畑には一斉に春の草木が芽吹き始めました。

 
 
このワークショップはひとつのテーマをシリーズでやってみたいという希望から始まりました。
第一回は、「七夕の節句」を、第二回が「重陽の節句」をタイトルに、第三回が「お正月と人日の節句」をタイトルに、えこわいずさんで行いました。
今回は第四回で「上巳の節句」を取り上げました。
 
 
前半は講話、後半はワークショップといういう形はもうこのシリーズではおなじみのケースとなりました。
 
 
その前半は、“食の歴史にまつわる「盛りつけ」について” をテーマに、宮中における起源をもつ和食である日本料理はどのように近世まで発展・進化していったのか、「武家と大衆化」とサブタイトルをつけてみました。
 
hina001
 
 
五節句の話は今回、「上巳の節句」を取り上げました。
上巳の節句といわれるよりは「桃の節句」と言われた方がピンとくるものです。桃の花で邪気を払い、人形(ひとがた)に移した穢れを水に流して祓うことがこの日の行事の起源です。人形(ひとがた)は、女の子の遊びからひな人形となり、水に流すのは流し雛となり、女の子の遊びから「女の子の節句」となりました…。
 
「饗応料理」を武士流に「本膳料理」として仕上げた武家の誇り・プライドを感じますし、江戸時代の文化の盛隆が食文化にもいろいろな影響を及ばせているのもとても興味深い話だと思います。
 
 

そして後半はワークショップです。
 
(ワークショップの様子)

hina048
 
後半のワークショップでは桃の節句をイメージしつつギシギシの葉っぱでお雛様を作ったり、私なりにアレンジしてひし餅をイメージした皆敷で盛りつけを楽しんで頂きました。
 


 
 
今回もお菓子は、和草さんに作って頂きました。
・赤米の桜餅 (桜と無農薬の苺)
・お米から作る三色雛あられ (赤:桜の花)(緑:抹茶)(白:黒胡椒)
 
hina08
 
今回のお菓子もとてもとても美味しかったです。お米の雛あられは一粒一粒がとても香ばしく風味があり、桜餅もなんと表現したらいいのかわからない優しい甘味が感じられ、お菓子から春を感じることもできました。
開催後に頂いたアンケートにも皆さんそう記されました。
 
 

(参加された方の作品から)
hina03
 

hina04

私はとても楽しかったのですが、参加された皆さんはいかがでしたでしょうか??
 

(参加された方の作品から)
hina07

 
いよいよ次回は最終回となります。
この一年、えこわいずさんの「季節の葉で盛りつける」シリーズも長いようであっという間でした。次回は最後の総仕上げということでお料理を盛り付けて頂きます。楽しい会にしたいと思っています。
 
 
これからも、皆敷を使った盛りつけのワークショップを通じ、盛りつけの楽しさと一緒に日本の和食文化の取り持つおもてなしの心がお料理にも自然に散りばめられる・・・
そんな思いを葉っぱにのせ、少しずつでもこのような機会を増やしていきたいと思っています。
 
 
えこわいず facebook 公式ページ ・・・☆こちらから
 
 
「季節の葉で盛りつける」ワークショップのご紹介 :
 
第一回:七夕の節句の盛りつけ(終了)・・・☆ワークショップのようす
 
第二回:重陽の節句の盛りつけ(終了)・・・☆ワークショップのようす
 
第三回:お正月、人日の節句の盛りつけ(終了)・・・☆ワークショップのようす
 
第四回:桃の節句、上巳の節句の盛りつけ(終了)
 
第五回:4月19日(金曜日)
 タイトル: 端午の節句の盛りつけ
 テーマ: 和食の文化でみる「盛りつけ」について
 
第五回のお申込みは、主催「丁寧な暮らしを愉しむ会」の要綱にてお手続きください。
丁寧な暮らしを愉しむ会の案内 ・・・☆こちらから
52598760_786093278416245_6762560014826602496_n
 
 

杜鵑草では下記の業務を承っております。

  • 骨董の器と皆敷を用いたコーディネイト
  • 骨董の器の販売・コーディネイト
  • 皆敷のワークショップの開催
  • 皆敷用の葉っぱの販売
  • 骨董の器の買取り
  • どうぞお気軽にお問い合わせください。
    ご希望の方はメールフォームにてお問い合わせください。
    MAIL info@hototogisu.me
     
     
    アトリエ&ショップ
    811-1111 福岡市早良区脇山1-14-57
    TEL 090-4758-3496
    MAIL hototo@hototogisu.me
     
    営業情報
    営業日:土・日曜日(不定期)
    営業時間:10:00〜17:00
    ※お越しになりたいときに事前にご連絡ください
     
     
    器と、そのまわり
    杜鵑草 – ホトトギス -[骨董の器と皆敷]
    代表 於保 亜希子

    お仕事の話 ~佐賀 楊柳亭~

    楊柳亭
     
    明治十五年創業の歴史を感じさせられるお店の空間。
    凛としたたたずまいは思わず襟を正したくなるような重厚感。
    それでいて温かく包んでくれるおもてなしの人情味。
     
    ご縁あって佐賀・揚柳亭さまからのお仕事を頂戴しております。
     
     
    楊柳亭~外観~
     
     
    楊柳亭~内観~
     
     
    揚柳亭さまにはこれからも長いお付き合いをさせて頂ければと願い、本日もお仕事をお納めいたしました。
     
     
    楊柳亭~玄関~
     
     
    ◇佐賀 楊柳亭◇
    楊柳亭さまは佐賀県佐賀市にある、明治十五年創業の老舗料亭です。
    連絡先:0952-23-2138/0952-23-2139
     
    佐賀 楊柳亭 公式ホームページ ・・・☆こちら
     


     

    杜鵑草では下記の業務を承っております。

  • 骨董の器と皆敷を用いたコーディネイト
  • 骨董の器の販売・コーディネイト
  • 皆敷用の葉っぱの販売
  • 皆敷のワークショップの開催
  • 骨董の器の買取り
  • どうぞお気軽にお問い合わせください。
     
    ご希望の方はメールフォームにてお問い合わせください。
    MAIL info@hototogisu.me

     

    ショップ
    811-1111 福岡市早良区脇山1-14-57
    TEL 090-4758-3496
    MAIL hototo@hototogisu.me

     

    営業時間、営業日:金・土・日曜日(不定期)、10:00〜17:00
    ※お越しになりたいときに事前にご連絡ください

     

    器と、そのまわり
    杜鵑草 – ホトトギス -[骨董の器と皆敷]
    代表 於保 亜希子

     

    器と、そのまわり 杜鵑草 facebook 公式ページ ・・・☆こちらから

    【お知らせ】今年もお世話になりました ~年末年始のお知らせ〜

    IMG_4274
    今年も大晦日を迎え一年が無事に過ごせました。
    皆さんに支えられながら沢山の気づきと楽しい1年を過ごすことができました。
    お世話になった皆様には感謝と共に来年も引き続きよろしくお願いします。
     
    今年はふたつのことが私の気持ちの中でプラスになったと思います。
    それらは「素直な気持ち」になったときに感じるものだと思います。
     
    自然と葉っぱが大好きな私は、「季節の木の葉を使ったお料理の盛りつけ」にこれまでには感じたことのなかった楽しみを見つけだすことことがきて、ますます自然と木の葉、そして骨董の器の事が大好きになりました。
    来年も今年同様によろしくお願い申し上げます。
     
    それでは皆様、佳い年をお迎えください。
    そして新しい年も皆様にとって実り多き年になることを心よりお祈り申し上げます。
     

    年末年始のお知らせ:

  • 今年の営業は終了致しました。
  • ショップは1月6日(日)の営業となります。
  • 通販サイトも1月6日(日)から営業・配送となります。

     


     

    杜鵑草では下記の業務を承っております。

  • 骨董の器と皆敷を用いたコーディネイト
  • 骨董の器の販売・コーディネイト
  • 皆敷用の葉っぱの販売
  • 皆敷のワークショップの開催
  • 骨董の器の買取り
  • どうぞお気軽にお問い合わせください。
     
    ご希望の方はメールフォームにてお問い合わせください。
    MAIL info@hototogisu.me

     

    ショップ
    811-1111 福岡市早良区脇山1-14-57
    TEL 090-4758-3496
    MAIL hototo@hototogisu.me

     

    営業時間、営業日:金・土・日曜日(不定期)、10:00〜17:00
    ※お越しになりたいときに事前にご連絡ください

     

    器と、そのまわり
    杜鵑草 – ホトトギス -[骨董の器と皆敷]
    代表 於保 亜希子

     

    器と、そのまわり 杜鵑草 facebook 公式ページ ・・・☆こちらから

    【ご報告】「季節の葉で盛りつける~お正月の盛りつけ」ワークショップを開催しました

    <参加いただいた方の作品から>
    46981270_668951313500018_2696835760731979776_n
     
    いよいよ師走ですね。
    今年の夏は七月に中国地方の大雨、八月には異常なほどの台風の通過、九月には近畿地方を直撃、
    さらに北海道に大きな地震まで発生し、自然の猛威に驚かされるばかりでした。
    年末は少しだけ、安らいだ心で新しい年に向けての準備をしたいです。
     
     
    前回もお伝えしましたが、このワークショップはひとつのテーマをシリーズでやってみたいという希望から始まりました。
    第一回は、「七夕の節句」を、そして第二回が「重陽の節句」をタイトルに、えこわいずさんで行いました。
    そして第三回の今回は、「お正月と人日の節句」を取り上げました。
     
     
    今回は盛りつけの時間をたくさん取りたかったので、皆さんの自己紹介はグループ内でおこないました。
    テーブルを回りながら、皆さんに参加の理由を伺うと、あらためてこの会を開いて良かったと思いました。
     
     
    <ワークショップのようす>
    47179103_631492767248773_8535524228307353600_n
     
    前半は講話、後半はワークショップといういう前回と同じ形式で行いました。
     
     
    前半は、“食の歴史にまつわる「盛りつけ」について” をテーマに、
    「日本料理」とは、なにを発祥としたのか?なにを起源にするのか?
    副題では「宮中における起源」という事について触れてみました。
     
     
    五節句の話は今回、「人日の節句」を取り上げました。
    人日の節句、一年のはじまりから数えて七日目、人の日であるこの日に春の七草の霊力を身につけ邪気を払い、無病息災を願うことがこの日の行事です。
     
    来年の一月七日は、お正月のお料理やお酒をたくさん採って疲れた胃腸を七草のお粥でいたわり、一年の無病息災を祈って頂けると嬉しいです。
     
     
    お正月のおせち料理についても触れて見ました。
    おせち料理が、元来、「節句」とよばれる節日に食される料理で「御節供料理」としてよばれていたこと。
    そして、お正月の御節供料理は、歳神様をお迎えした際に差し上げる饗(あえ)、「饗応料理」として使われていたということです。
     
     
    <ワークショップのようす>
    47105190_1848557151930023_63519607075373056_n
     
     
    47078556_330983201072470_31241020880453632_n
     
    後半のワークショップではおせちをすこしカジュアルにアレンジし、普段なかなか触れることのない年代物もお重を使ってワクワクと気持ちが盛り上がる皆敷を用いてスタイリングにチャレンジして頂きました。
    このお重は、大使館でも用いたどれも私のお気に入りのお重です。皆さん様々な盛りつけをされてるのを見ているだけで私もとても嬉しくなりました。
     
     
    また、今回のお料理はプティ・タ・プティの香月さんご夫妻のご協力で、七品のお料理を作って頂きました。
    香月さんご夫婦は仕事が終わった後に前準備の打合せ、私の色々な無理な希望にも快くご対応頂きました。
    プティ・タ・プティの香月さん、千代子さん本当にありがとうございました。
     
     
    これからも、皆敷を使った盛りつけのワークショップを通じ、盛りつけの楽しさと一緒に
    日本の和食文化の取り持つおもてなしの心がお料理にも自然に散りばめられる・・・
    そんな思いを葉っぱにのせ、少しずつでも機会を設けていきたいと思っています。
     
     
    えこわいず facebook 公式ページ ・・・☆こちらから
     
     
     
    「季節の葉で盛りつける」ワークショップのご紹介 :
     
    第一回:七夕の節句の盛りつけ(終了)・・・☆ワークショップのようす
     
    第二回:重陽の節句の盛りつけ(終了)・・・☆ワークショップのようす
     
    第三回:お正月の盛りつけ(終了)
     
    第四回:2月22日(金曜日)
     タイトル: 桃の節句の盛りつけ
     テーマ: 食の歴史にまつわる「盛りつけ」 ~武家文化と大衆化~
     
    第五回:4月19日(金曜日)
     タイトル: 端午の節句の盛りつけ
     テーマ: 和食の文化でみる「盛りつけ」について
     
    第四回以降のお申込みは、主催「丁寧な暮らしを愉しむ会」の要綱にてお手続きください。
    丁寧な暮らしを愉しむ会の案内 ・・・☆こちらから
     
     
     

    杜鵑草では下記の業務を承っております。

    • 骨董の器と皆敷を用いたコーディネイト
    • 骨董の器の販売・コーディネイト
    • 皆敷のワークショップの開催
    • 皆敷用の葉っぱの販売
    • 骨董の器の買取り

    どうぞお気軽にお問い合わせください。
    ご希望の方はメールフォームにてお問い合わせください。
    MAIL info@hototogisu.me
     
     
    アトリエ&ショップ
    811-1111 福岡市早良区脇山1-14-57
    TEL 090-4758-3496
    MAIL hototo@hototogisu.me
     
    営業情報
    営業日:土・日曜日(不定期)
    営業時間:10:00〜17:00
    ※お越しになりたいときに事前にご連絡ください
     
     
    器と、そのまわり
    杜鵑草 – ホトトギス -[骨董の器と皆敷]
    代表 於保 亜希子

    ページトップへ
    mishima

    於保 亜希子 プロフィール

    1968年3月、福岡県生まれ。

    骨董商。器コーディネーター。

    「器と、そのまわり杜鵑草」 代表。

     

     幼い時より両親の影響で骨董や山野草に囲まれた生活を送り、茶道、華道を学ぶ。

     

    短大卒業後、広告制作会社、広告代理店などで勤務。24歳のとき、仕事で出会った骨董の器に見せられ、骨董について学ぶようになる。

    学びを深めるうちに、骨董が一部の収集家によって装飾美術品として飾られていることに疑問を感じ、料理とのコーディネートによって、暮らしの中で骨董の素晴らしさを伝えていきたいと考える。結婚して一児の母となった後も骨董に携わり続け、2013年より本格的に骨董商として起業。

     

    茶道や華道の要素および、四季の植物を取り入れた皆敷(料理に添える木の葉など、和食の盛り付け文化)の技法を生かし、骨董と料理が織りなす魅力的な世界の構築に挑戦している。

    季節感や情景の表現を得意とし、独自の皆敷のスタイルを提唱。

    骨董の器と皆敷のワークショップならびにコラム執筆等、精力的に普及活動を行っている。

     

    Facebookページ
    器と、そのまわり 杜鵑草(ホトトギス)

    ×
    mishima

    於保 亜希子 プロフィール

    1968年3月、福岡県生まれ。

    骨董商。器コーディネーター。

    「器と、そのまわり杜鵑草」 代表。

     

    幼い時より両親の影響で骨董や山野草に囲まれた生活を送り、茶道、華道を学ぶ。

     短大卒業後、広告制作会社、広告代理店などで勤務。24歳のとき、仕事で出会った骨董の器に見せられ、骨董について学ぶようになる。

     

    学びを深めるうちに、骨董が一部の収集家によって装飾美術品として飾られていることに疑問を感じ、料理とのコーディネートによって、暮らしの中で骨董の素晴らしさを伝えていきたいと考える。

    結婚して一児の母となった後も骨董に携わり続け、2013年より本格的に骨董商として起業。

     

    茶道や華道の要素および、四季の植物を取り入れた皆敷(料理に添える木の葉など、和食の盛り付け文化)の技法を生かし、骨董と料理が織りなす魅力的な世界の構築に挑戦している。

     

    季節感や情景の表現を得意とし、独自の皆敷のスタイルを提唱。骨董の器と皆敷のワークショップならびにコラム執筆等、精力的に普及活動を行っている。

     

    Facebookページ
    器と、そのまわり 杜鵑草(ホトトギス)

    ×
    【 送料について 】
    ◯配送は日本国内、海外配送ともに対応致します。
    ◯2カ所以上に配送をご希望の場合は、それぞれに送料が発生します。

    地帯名称 南九州 北九州 四国 中国 関西 北陸 東海 信越 関東 南東北 北東北 北海道
    県名 熊本県
    宮崎県
    鹿児島県
    福岡県
    佐賀県
    長崎県
    大分県
    徳島県
    香川県
    愛媛県
    高知県
    鳥取県
    島根県
    岡山県
    広島県
    山口県
    滋賀県
    京都府
    大阪府
    兵庫県
    奈良県
    和歌山県
    富山県
    石川県
    福井県
    岐阜県
    静岡県
    愛知県
    三重県
    新潟県
    長野県
    茨城県
    栃木県
    群馬県
    埼玉県
    千葉県
    東京都
    神奈川県
    山梨県
    宮城県
    山形県
    福島県
    青森県
    岩手県
    秋田県
     
    サイズ 重量(kg)                        
    60 2kg迄 500円 500円 600円 500円 700円 800円 800円 800円 800円 1,300円 1,300円 1,700円
    80 5kg迄 580円 580円 850円 580円 950円 1,000円 1,000円 1,000円 1,000円 1,550円 1,550円 1,950円
    100 10kg迄 1,000円 1,000円 1,200円 1,000円 1,000円 1,250円 1,250円 1,250円 1,250円 1,800円 1,800円 2,200円
    140 20kg迄 1,250円 1,250円 1,350円 1,250円 1,450円 1,550円 1,550円 1,550円 1,550円 2,050円 2,050円 2,450円
    160 30kg迄 1,500円 1,500円 1,600円 1,500円 1,700円 1,700円 1,700円 1,700円 1,700円 2,300円 2,300円 2,700円
      10kg迄増 250円
    170   2,200円 2,200円 2,300円 2,200円 2,300円 2,400円 2,400円 2,400円 2,400円 2,800円 2,800円 3,200円
    180   2,450円 2,450円 2,550円 2,450円 2,550円 2,650円 2,650円 2,650円 2,650円 3,050円 3,050円 3,450円
    200   2,950円 2,950円 3,050円 2,950円 3,050円 3,150円 3,150円 3,150円 3,150円 3,550円 3,550円 3,950円
    220   3,450円 3,450円 3,550円 3,450円 3,550円 3,650円 3,650円 3,650円 3,650円 4,050円 4,050円 4,450円
    240   4,450円 4,450円 4,550円 4,450円 4,550円 4,650円 4,650円 4,650円 4,650円 5,050円 5,050円 5,450円
    260   5,450円 5,450円 5,550円 5,450円 5,550円 5,650円 5,650円 5,650円 5,650円 6,050円 6,050円 6,450円

    ※税別価格表示
    ※沖縄については別途料金を適用させて頂きます。
    ※離島については、別途実費をご負担お願いします。

    ×