杜鵑草 器と、そのまわり hototogisu

【お知らせ】7周年を迎えました…

2013年6月にスタートしたホトトギスはおかげさまで7周年を迎えました。
この7周年という節目にあたり特別企画としまして今回は、日頃から杜鵑草にお世話になっている皆様、また杜鵑草Facebookに「いいね!」をしてご興味を持って頂いている方に、特別に器のご紹介を致します。
 
その前に、ホトトギスについて少し・・・。
正式名称は「器と、そのまわり 杜鵑草」ですが、どうしてこのような名前になったのかお話ししてみたいと思います。
私のとても大好きだった祖母は茶道の愛好家でした。その祖母がお茶花で好きだったひとつがホトトギスでした。そんな祖母の好きだったお茶。そのお茶のお道具を、私もいつかは扱えるような骨董屋になりたいという思いから、この「ホトトギス」を屋号に付けました。
また、骨董の器に魅せられて始めたこのお仕事ではありますが、日本の食文化である皆敷(かいしき)にも同時にとても魅かれるものがありました。皆敷は使われる葉っぱがお料理に添えられるものでもあることから、器もお料理も葉っぱも季節感も・・・と、器のまわり全体をイメージした情景の意味も込めて、「器と、そのまわり…」と付けました。
こうして「器と、そのまわり 杜鵑草」という名称とすることにしました。今では私にとってとても愛着のある名称です。
 
 
それでは、最初にもお伝えしましたが、日頃からお世話になっている皆様へ感謝の意味を込めて2種類の輪島のお椀を準備しました。特別価格でご紹介いたします。
どちらもシーズンを問わずお使い頂ける図柄を準備してみました。気に入って頂けると嬉しいです。
そのひとつめは、笹の図柄 輪島の黒塗椀です。
ちょうど時季なので夏越の祓(なごしのはらい)で使われる茅の輪を少しイメージして添えてみました。
 
IMG_3154
 
黒塗りの輪島塗に金の笹の図柄が凛とした雰囲気を醸し出しています。一見するとありふれた図柄ですが実際に盛りつけたときは見た目では想像できないほど素敵です。状態も良好です。
楽しんで使って頂けると嬉しいです。
 
IMG_3821
 
IMG_3818
 
 
【品番#U143】
サイズ:直径 12.5㎝ 高さ:9.0㎝
価 格:2,000円 (税抜) / 1客 (10客あり、バラ売り可)
状 態:良好
備 考:
 
 
ふたつめのお椀はこちらになります。こちらは松の図柄の黒塗り輪島のお椀になります。
茅の輪は大きな輪を茅や稲藁を使って作られていますが、水辺に生える茅とは生命力・殺菌力を意味として持っています。
とっても清涼感のある爽やかな香りのレモングラスを茅の葉に見立てて添えてみました。茅の輪のように結んでおくだけでも香りがたちこめ、気持ちを和ませてくれます。
 
IMG_E3874
 
IMG_3823
 
IMG_3825
 
【品番#U144】
サイズ:直径 13.5㎝ 高さ:9.0㎝
価 格: 2,000円 (税抜) / 1客 (3客あり、バラ売り可)
状 態:良好
備 考:良好
 
 
ホトトギスではこれから8年目に入ります。これからも器が好きな方にホトトギスの活動を知って頂きたいそんな思いでいます。
今回の特別企画はホトトギスの記事をご覧になられた方で、まだ杜鵑草Facebookに「いいね!」をされてない方は、ぜひこの機会に「いいね!」を押してご参加いただけますと嬉しいです。
杜鵑草Facebookはこちらから(いいね!お願いします)
Instagramはこちらから(フォローお願いします)
 
7年という歳月は長いようであっという間でしたが、これからの「器と、そのまわり 杜鵑草」にもご期待頂けると嬉しいです。
そして末長くお付き合い頂けますようよろしくお願い致します。
 
 
骨董の器は通販も対応しております。
商品の購入をご希望されましたら、以下の方法にてお問い合わせください。
〇当サイトのメールフォーム(contactより)
〇杜鵑草(info@hototogisu.me)へのメール
facebook, Instagramのメッセージ
〇Messengerはこちらから
 
 
杜鵑草 ~器と、そのまわり~ 於保亜希子

【直方催事 】 第五回「季節の葉で盛りつける」結い村カレッジ催事のお知らせ

えこわいず第五回
 
ひとつのテーマを全五回のシリーズでおこなう今回のえこわいずさんでの企画です。
第一回は、「こよみ」、「しきたり」から、私たちが普段なにげなく気にも留めていなかったことに焦点を当ててみました。また、七夕の節句から日本の食文化をとおして陰陽・五行説に触れてみました。
 
第二回は、「お料理」と「食い物」の違いなど、普段であれば違いについて意識をしないようなことも含めて日本の食文化に触れてみました。「重陽の節句(菊の節句)」という認知度の低いこの年中行事について、奥深い話…この節句の運命ともいえる話でした。
 
第三回では、古代の日本人が農耕民族として食の神様を一番大切にしていたこと、そして、神饌(しんせん)からおもてなしの心で「饗応(きょうおう)」するということにつながり、この儀式をおこなっていたのが天皇で宮中にて執り行われていたということ。日本料理の宮中における起源を紐解いてみました。
 
第四回でも引き続き食の歴史に触れました。
公家から武家の世に時代が変わると様式も武家のものが取り入れられ、それはやがて日本料理の形となります。時代が進むといろいろなものが進化し、文化の発展と江戸という時代背景から食文化も大衆によって発展していくのです。それは今から150年前まで続いてたつい最近までの食文化だったのですね…。
 
 
さあ、いよいよ第五回の最終回では、“和食の文化でみる「盛りつけ」について”と題して、これまでを振り返りながら、現代にまだ生き続ける盛りつけとこれからの「新しい盛りつけ」の展望をお話ししてみたいと思います。
また、ワークショップではプティ・タ・プティさんに用意していただくお料理を盛りつけます。
最後は、皆さんと一緒にこの全5回を楽しく振り返りながら、盛りつけたお料理を食べましょう。
 
 
えこわいず facebook 公式ページ ・・・☆こちらから
 
 
フライヤー第五回_2019.04.12
イベントのご案内 ----
 
イベント名:
「季節の葉で盛りつける~端午の節句の盛りつけ~」
 
日時:
2019年4月12日(FRI)10:00~13:30(9:30~ 受付)<第四回>
 
場所:
「結い村」

福岡県直方市頓野375-1 ・・・☆マップ表示
 
定員:
20名(最小遂行人数10名)
 
お申込み:
主催「丁寧な暮らしを愉しむ会」の申込み要綱にてお手続きください。

丁寧な暮らしを愉しむ会の案内 ・・・☆こちらから
 
 
ワークショップで使用している骨董の器はすべてお買い求めできます。
お気に入りの器がありましたら、お気軽にお声掛けください。
素敵な器を取り揃えていますので、是非とも手に取って観てください。
 
 
ご希望の方はメールフォームにてお問い合わせください。
MAIL info@hototogisu.me

 
 

杜鵑草 facebook ・・・☆こちらから
 
杜鵑草 ~器と、そのまわり~ 於保亜希子

【直方催事 】 第四回「季節の葉で盛りつける」結い村カレッジ催事のお知らせ

えこわいず第四回
 
ひとつのテーマを全五回のシリーズでおこなう今回のえこわいずさんでの企画です。
第一回は、「こよみ」、「しきたり」から、私たちが普段なにげなく気にも留めていなかったことに焦点を当ててみました。また、七夕の節句から日本の食文化をとおして陰陽・五行説に触れてみました。
 
第二回は、「お料理」と「食い物」の違いなど、普段であれば違いについて意識をしないようなことも含めて日本の食文化に触れてみました。「重陽の節句(菊の節句)」という認知度の低いこの年中行事について、奥深い話…この節句の運命ともいえる話でした。
 
第三回では、食の歴史にまつわる話に触れてみました。
古代の日本人が農耕民族として食の神様を一番大切にしていたこと、そして、神様へのお供え物の酒食(しゅし)である神饌(しんせん)からおもてなしの心で「饗応(きょうおう)」するということに繋がり、その儀式をおこなっていたのが天皇で宮中にて執り行われていたということ。日本料理の宮中における起源を紐解いてみました。
 
 
さて、今回は、第四回目になります。
食の歴史にまつわる話をもう少し進めてみたいと思います。
日本文化の全ての起源であった宮中行事。
その後、武家の世に時代が変わると様式も武家のものが取り入れられます。
そんな歴史の流れを「武家文化と大衆化」として紐解いていきたいと思います。
また、今回取り上げる節句は、五節句の中でも端午の節句に並ぶ有名な「桃の節句(上巳の節供)」になります。
この節句の起源は、本当に女の子のためにおこなわれる行事だったのでしょうか?
 
 
そして第五回の最終回では、“和食の文化でみる「盛りつけ」について”と題して、
全体を振り返りながら、現代にまだ生き続ける盛りつけとこれからの「新しい盛りつけ」の
展望をお話ししてみたいと思います。
 
 
えこわいず facebook 公式ページ ・・・☆こちらから
 
 
フライヤー第四回
イベントのご案内 ----
 
イベント名:
「季節の葉で盛りつける~桃の節句の盛りつけ~」
 
日時:
2019年2月22日(FRI)10:00~12:30(9:30~ 受付)<第三回>
 
場所:
「結い村」

福岡県直方市頓野375-1 ・・・☆マップ表示
 
定員:
20名(最小遂行人数10名)
 
お申込み:
主催「丁寧な暮らしを愉しむ会」の申込み要綱にてお手続きください。

丁寧な暮らしを愉しむ会の案内 ・・・☆こちらから
 
 
ワークショップで使用している骨董の器はすべてお買い求めできます。
お気に入りの器がありましたら、お気軽にお声掛けください。
素敵な器を取り揃えていますので、是非とも手に取って観てください。
 
 


 

杜鵑草では下記の業務を承っております。

  • 骨董の器と皆敷を用いたコーディネイト
  • 骨董の器の販売・コーディネイト
  • 骨董の器の買取り
  • 皆敷のワークショップの開催
  • どうぞお気軽にお問い合わせください。
     
    ご希望の方はメールフォームにてお問い合わせください。
    MAIL info@hototogisu.me

     

    アトリエ&ショップ
    811-1111 福岡市早良区脇山1-14-57
    TEL 090-4758-3496
    MAIL hototo@hototogisu.me

     

    営業時間、営業日:金・土・日曜日(不定期)
    営業時間:10:00〜17:00
    ※お越しになりたいときに事前にご連絡ください

     

    器と、そのまわり
    杜鵑草 – ホトトギス -[骨董の器と皆敷]
    代表 於保 亜希子

     

    器と、そのまわり 杜鵑草 facebook 公式ページ ・・・☆こちらから

    【直方催事 】 第三回「季節の葉で盛りつける」結い村カレッジ催事のお知らせ

    えこわいず

    ひとつのテーマを全五回のシリーズでおこなう今回のえこわいずさんでの企画ですが、
    第一回は、「こよみ」、「しきたり」から、私たちが普段なにげなく気にも留めていなかったことに
    焦点を当ててみました。また、七夕の節句から日本の食文化をとおして陰陽・五行説に触れてみました
     
    そして第二回では、「お料理」と「食い物」の違いなど、普段であれば違いについて意識をしないような
    ことも含めて日本の食文化に触れてみました。
    節句は、「重陽の節句(菊の節句)」という知名度の低いこの行事について、奥深い話…宿命ともいえる
    この話を聞くと、重陽の節句も二度と忘れることがないでしょう。
     
    さて、今回は、第三回目になります。
    ここでは、食の歴史にまつわる話に触れていきます。
    日本文化の全ての起源であるともいえる宮中行事。
    その中でも、「宮中における起源」を取り上げて紐解いてみたいと思います。
    また、今回取り上げる節句は、五節句の中でもいちばん有名な「お正月」になります。
    おせちの起源や東西の違い、また必ず欠かせないお重にまつわるエピソードなどを取り上げていきます。
     
    第四回では「武家文化と大衆文化」を取り上げます。
    “食の歴史にまつわる「盛りつけ」”を紐解きます。
     
    そして第五回の最終回では、“和食の文化でみる「盛りつけ」について”と題して、
    全体を振り返りながら、現代にまだ生き続ける盛りつけとこれからの「新しい盛りつけ」の
    展望をお話ししてみたいと思います。
     
     
     
    各回のご案内 ----
     
    第三回:11月30日(金曜日)
     タイトル: お正月の盛りつけ
     テーマ: 食の歴史にまつわる「盛りつけ」 ~宮中における起源~ 
     
    第四回:2月22日(金曜日)
     タイトル: 桃の節句の盛りつけ
     テーマ: 食の歴史にまつわる「盛りつけ」 ~武家文化と大衆化~
     
    第五回:4月19日(金曜日)
     タイトル: 端午の節句の盛りつけ
     テーマ: 和食の文化でみる「盛りつけ」について
     
    えこわいず facebook 公式ページ ・・・☆こちらから
     
     
    えこわいず公式フライヤー
    イベントのご案内 ----
     
    イベント名:
    「季節の葉で盛りつける~お正月の盛りつけ~」
     
    日時:
    2018年11月30日(FRI)10:00~12:30(9:30~ 受付)<第三回>
     
    場所:
    「結い村」

    福岡県直方市頓野375-1 ・・・☆マップ表示
     
    定員:
    20名(最小遂行人数10名)
     
    お申込み:
    主催「丁寧な暮らしを愉しむ会」の申込み要綱にてお手続きください。

    丁寧な暮らしを愉しむ会の案内 ・・・☆こちらから
     
     
    ワークショップで使用している骨董の器はすべてお買い求めできます。
    お気に入りの器がありましたら、お気軽にお声掛けください。
    素敵な器を取り揃えていますので、是非とも手に取って観てください。
     
     


     

    杜鵑草では下記の業務を承っております。

  • 骨董の器と皆敷を用いたコーディネイト
  • 骨董の器の販売・コーディネイト
  • 骨董の器の買取り
  • 皆敷のワークショップの開催
  • どうぞお気軽にお問い合わせください。
     
    ご希望の方はメールフォームにてお問い合わせください。
    MAIL info@hototogisu.me

     

    アトリエ&ショップ
    811-1111 福岡市早良区脇山1-14-57
    TEL 090-4758-3496
    MAIL hototo@hototogisu.me

     

    営業時間、営業日:金・土・日曜日(不定期)
    営業時間:10:00〜17:00
    ※お越しになりたいときに事前にご連絡ください

     

    器と、そのまわり
    杜鵑草 – ホトトギス -[骨董の器と皆敷]
    代表 於保 亜希子

     

    器と、そのまわり 杜鵑草 facebook 公式ページ ・・・☆こちらから

    【福岡催事 】 2018/10/27「秋の木の葉で盛りつけよう2」ワークショップ開催のお知らせ

    10月に入りました。
    このところ朝晩めっきり冷え込んできましたね。そんな中、山の木々たちも落葉をはじめました。
    いよいよ本格的な秋を迎えようとしています。
     
    今回は福岡市の豆豆的花さんで定期開催している体験型講座(ワークショップ)のお知らせです。
     
    20181027
     
    秋は木の葉にとって、とてもいい季節です。
    特にこの時期色付く木の葉は、昼夜の気温差によって変わってきます。
    実は今年の木の葉の色付き方や進み方は例年とは少し違っている感じがしています。今回も秋の季節に観られる木の葉を使った皆敷を取り入れた盛りつけをおこないます。

     
    ワークショップをとおして、日々のお料理の盛りつけにちょっとしたアクセントをつけ、召し上がる方に心から喜んで頂けるおもてなし(盛りつけを)体験して頂きます。
     
    これまで参加された方も「また違うこの季節ならではの木の葉を使ってお菓子を盛りつけて、のんびりとした時間を楽しもう。」というお気軽な気持ちでぜひご参加下さい。
     
    このワークショップでは盛りつけを通して和食文化を紐解いていきます。
    おもてなしの思いを木の葉にプラスしてみることで、これまでに感じたことのない経験をして頂けると思っています。
    ぜひ、ご自宅でのちょっとしたおもてなしにもそうした見立てる楽しさを活かして頂きたいです。
     
    皆敷をとおしてみなさんの五感に触れて頂けるワークショップにしたいと思っています。
     

    イベント内容:
    『秋の木の葉で盛りつけよう!』ワークショップ

     
    料理:
    季節のお菓子、豆豆的花さん特製のコーヒーまたは紅茶
    ※季節のお菓子は杜鵑草が厳選したお菓子をご準備いたします。

     

    日時:
    10月27日(土曜日) 14時より15時30分まで 皆敷ワークショップ

     

    場所:
    「豆豆的花(まめのはな)」

    福岡市中央区赤坂3丁目4-47 ・・・☆こちら

    (最寄りの公共交通機関をご利用下さい。)

     

    参加費:
    2,000円(ワークショップ、コーヒーor紅茶代込)+季節のお菓子代(実費、およそ千円くらいのもの)

     

    募集人数:
    10名

     

    お申込み方法:
    お名前、ご連絡先 をフォームにてご連絡ください。 ・・・☆フォームはこちらから
    TEL 090-4758-3496
    MAIL  info@hototogisu.me

     

    お支払い方法:
    当日現金でお支払いください。

     
    ※キャンセルにつきまして、以下をご了承ください。
     当日のキャンセルは参加費の全額をご負担いただきます。
     前日のキャンセルは参加費の半額をご負担いただきます。

     
    <豆豆的花(まめのはな)の店内のようす>

    10417552_383911988432097_5123941370280841119_n
    「豆豆的花(まめのはな)」さんでのワークショップは2018年、定期開催を予定しています。
    来月の豆豆的花さんでおこなう木の葉を使った盛りつけのワークショップの開催予定です。

       
      (豆豆的花さんでの次回ワークショップ予定)

    • 11月24日(土曜日) ~タイトル未定~(お菓子を盛りつけます)

     
    ※今年の豆豆的花さんでのワークショップは11月が最終回です。来年は2月から開始する予定です。
     
    また、ワークショップで使っている骨董の器はすべてお買い求めできます。
    お気に入りの器がありましたら、お気軽にお声掛けください。
    素敵な器を取り揃えていますので、是非とも手に取って観てください。
     
     


     

    杜鵑草では下記の業務を承っております。

  • 骨董の器と皆敷を用いたコーディネイト
  • 骨董の器の販売・コーディネイト
  • 骨董の器の買取り
  • 皆敷のワークショップの開催
  • どうぞお気軽にお問い合わせください。
     
    ご希望の方はメールフォームにてお問い合わせください。
    MAIL info@hototogisu.me

     

    アトリエ&ショップ
    811-1111 福岡市早良区脇山1-14-57
    TEL 090-4758-3496
    MAIL hototo@hototogisu.me

     
    営業日:金・土・日曜日(不定期)
    営業時間:10:00〜17:00
    ※お越しになりたいときに事前にご連絡ください

     

    器と、そのまわり
    杜鵑草 – ホトトギス -[骨董の器と皆敷]
    代表 於保 亜希子

     

    器と、そのまわり 杜鵑草 facebook 公式ページ ・・・☆こちらから

    ページトップへ
    mishima

    於保 亜希子 プロフィール

    1968年3月、福岡県生まれ。

    骨董商。器コーディネーター。

    「器と、そのまわり杜鵑草」 代表。

     

     幼い時より両親の影響で骨董や山野草に囲まれた生活を送り、茶道、華道を学ぶ。

     

    短大卒業後、広告制作会社、広告代理店などで勤務。24歳のとき、仕事で出会った骨董の器に見せられ、骨董について学ぶようになる。

    学びを深めるうちに、骨董が一部の収集家によって装飾美術品として飾られていることに疑問を感じ、料理とのコーディネートによって、暮らしの中で骨董の素晴らしさを伝えていきたいと考える。結婚して一児の母となった後も骨董に携わり続け、2013年より本格的に骨董商として起業。

     

    茶道や華道の要素および、四季の植物を取り入れた皆敷(料理に添える木の葉など、和食の盛り付け文化)の技法を生かし、骨董と料理が織りなす魅力的な世界の構築に挑戦している。

    季節感や情景の表現を得意とし、独自の皆敷のスタイルを提唱。

    骨董の器と皆敷のワークショップならびにコラム執筆等、精力的に普及活動を行っている。

     

    Facebookページ
    器と、そのまわり 杜鵑草(ホトトギス)

    ×
    mishima

    於保 亜希子 プロフィール

    1968年3月、福岡県生まれ。

    骨董商。器コーディネーター。

    「器と、そのまわり杜鵑草」 代表。

     

    幼い時より両親の影響で骨董や山野草に囲まれた生活を送り、茶道、華道を学ぶ。

     短大卒業後、広告制作会社、広告代理店などで勤務。24歳のとき、仕事で出会った骨董の器に見せられ、骨董について学ぶようになる。

     

    学びを深めるうちに、骨董が一部の収集家によって装飾美術品として飾られていることに疑問を感じ、料理とのコーディネートによって、暮らしの中で骨董の素晴らしさを伝えていきたいと考える。

    結婚して一児の母となった後も骨董に携わり続け、2013年より本格的に骨董商として起業。

     

    茶道や華道の要素および、四季の植物を取り入れた皆敷(料理に添える木の葉など、和食の盛り付け文化)の技法を生かし、骨董と料理が織りなす魅力的な世界の構築に挑戦している。

     

    季節感や情景の表現を得意とし、独自の皆敷のスタイルを提唱。骨董の器と皆敷のワークショップならびにコラム執筆等、精力的に普及活動を行っている。

     

    Facebookページ
    器と、そのまわり 杜鵑草(ホトトギス)

    ×
    【 送料について 】
    ◯配送は日本国内、海外配送ともに対応致します。
    ◯2カ所以上に配送をご希望の場合は、それぞれに送料が発生します。

    地帯名称 南九州 北九州 四国 中国 関西 北陸 東海 信越 関東 南東北 北東北 北海道
    県名 熊本県
    宮崎県
    鹿児島県
    福岡県
    佐賀県
    長崎県
    大分県
    徳島県
    香川県
    愛媛県
    高知県
    鳥取県
    島根県
    岡山県
    広島県
    山口県
    滋賀県
    京都府
    大阪府
    兵庫県
    奈良県
    和歌山県
    富山県
    石川県
    福井県
    岐阜県
    静岡県
    愛知県
    三重県
    新潟県
    長野県
    茨城県
    栃木県
    群馬県
    埼玉県
    千葉県
    東京都
    神奈川県
    山梨県
    宮城県
    山形県
    福島県
    青森県
    岩手県
    秋田県
     
    サイズ 重量(kg)                        
    60 2kg迄 500円 500円 600円 500円 700円 800円 800円 800円 800円 1,300円 1,300円 1,700円
    80 5kg迄 580円 580円 850円 580円 950円 1,000円 1,000円 1,000円 1,000円 1,550円 1,550円 1,950円
    100 10kg迄 1,000円 1,000円 1,200円 1,000円 1,000円 1,250円 1,250円 1,250円 1,250円 1,800円 1,800円 2,200円
    140 20kg迄 1,250円 1,250円 1,350円 1,250円 1,450円 1,550円 1,550円 1,550円 1,550円 2,050円 2,050円 2,450円
    160 30kg迄 1,500円 1,500円 1,600円 1,500円 1,700円 1,700円 1,700円 1,700円 1,700円 2,300円 2,300円 2,700円
      10kg迄増 250円
    170   2,200円 2,200円 2,300円 2,200円 2,300円 2,400円 2,400円 2,400円 2,400円 2,800円 2,800円 3,200円
    180   2,450円 2,450円 2,550円 2,450円 2,550円 2,650円 2,650円 2,650円 2,650円 3,050円 3,050円 3,450円
    200   2,950円 2,950円 3,050円 2,950円 3,050円 3,150円 3,150円 3,150円 3,150円 3,550円 3,550円 3,950円
    220   3,450円 3,450円 3,550円 3,450円 3,550円 3,650円 3,650円 3,650円 3,650円 4,050円 4,050円 4,450円
    240   4,450円 4,450円 4,550円 4,450円 4,550円 4,650円 4,650円 4,650円 4,650円 5,050円 5,050円 5,450円
    260   5,450円 5,450円 5,550円 5,450円 5,550円 5,650円 5,650円 5,650円 5,650円 6,050円 6,050円 6,450円

    ※税別価格表示
    ※沖縄については別途料金を適用させて頂きます。
    ※離島については、別途実費をご負担お願いします。

    ×