杜鵑草 器と、そのまわり hototogisu

【コラム】こういうとき、だから想うこと

IMG_4094
気がつけば今年のゴールデンウィークもあっという間に終わってしまいました。。
皆様は例年とは違った今年のゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか。本当にささやかではありましたが杜鵑草がお届けしました骨董の器とコラムは少しだけでも皆様に楽しんでいただける時間となりましたでしょうか…。
 
こういう時だからこそ、これまでにない時間を持てた方もいらしゃったのではないでしょうか。
私の場合は、これまでにない骨董の器たちと語り合う時間を持つことができました。
 
話は変わりますが、少しだけ私が想ったことにふれますと…
この数年振り返ると、世の中を取り巻く環境、多くは自然環境の変化、また私自身のプライベートでも変化があり、様々なことが起きました。
大地震に異常気象による集中豪雨、それに伴う水害は本当に怖かったです。あの時に感じた怖さは言葉では言い表しようがない初めての経験でした。
ザーザーと降り止まない豪雨が田畑や山の木々に叩きつけ、山が唸りを上げている様にも聞こえました。無意識に、思わず天を仰ぎ心の底から神様助けてくださいと手を合わせていました。
プライベートでは息子が北海道の大学に進学し、これまでずっと手を伸ばせば届く存在であった我が子に会えなくなって心から息子が無事で毎日を過ごせるようにと願っています。
 
これだけではないのですが、いくら努力をしても自分の力だけではどうすることもできないことが増え、手を合わせ自分自身に問いかけ、無事と幸せを祈るしかないと、そんな想いが強くなったのは私の心の中の変化なのかもしれません。
 
IMG_4095
 
写真は輪島塗葵図のお膳です。
お膳はかなり暮らしの中で活躍できるシーンがあります。
お膳と言っても何も食事を盛るだけでは勿体無いです!
この細工も素晴らしい脚付きのお膳は、例えば立てて額のように使って頂くのはいかがでしょう。
また飾ったり、季節のしつらえに使って見たり。。
 
IMG_4090
Styling & Photo : Akiko Oho
Props & Location : Hototogisu
 
 
【品番#U114】輪島塗 蒔絵蔦図 御膳
サイズ:(タテ・ヨコ)36.3㎝(高さ) 12.8㎝
状態:良好
価格:12,000円(税抜)/枚 (4枚あり、バラ売り対応可)
備考:明治時代/裏面:梨子地
 
[Product #U114]: Wajima Four-legged tray for festive food
size:(Width&Length): 36.3㎝ (Height) 12.8 ㎝
condition: favorable condition
price: 12,000 yen/ a piece
note: Meiji Era
stock: 4 in all (possible to sold individually)
 
 
骨董の器は通販も対応しております。
商品の購入をご希望されましたら、以下の方法にてお問い合わせください。
〇当サイトのメールフォーム(contactより)
〇杜鵑草(info@hototogisu.me)へのメール
facebook, Instagramのメッセージ
〇Messengerはこちらから
 
 
杜鵑草 ~器と、そのまわり~ 於保亜希子

【コラム】素敵なお客様に嫁いだ器たち

20200503_162033

 

今回は、栃木県にお住いの小口麻美さまにお買い上げ頂きました、ギヤマンガラスのお皿のお話を少し。。
 
この度、嬉しいことに小口さまより商品が届いてすぐにコーディネートされた画像を送ってくださいました。
 
小口さまは、季礼文字によるアート書道を取り入れられていらっしゃるそうです。
季礼文字とは、言霊からエネルギーを身体に感じ、日本の季節を感じる美しいことばの情感を筆に乗せて表現する素敵な書道なのだそうです。
 
20200503_162048
 
送って頂いた画像には、ギヤマンガラスのお皿とお手持ちの素敵なガラスの器とがコーディネートされ、それぞれの器のカットの輝きと、そしてギヤマンガラスのお皿の淡いブルーの色合いが優しく感じられて感激しました。
嫁ぎ先でこんなに大切にされ、素敵にコーディネートされ私はとても幸せな気持ちで満たされました。
 
このようなテーブルコーディネートと季礼文字を用いて和の趣きを表現するアートのお教室を開校するために日々学んでいらっしゃるそうです。
とても素敵なことだと思いました。これからも杜鵑草でも小口さまの応援していきたいと思っています。
 
小口さまのInstagramもご覧ください。
 

お客様とこのようなやり取りをさせて頂いている私自身をふと振り返り、お客様がこうして器を使って幸せな気持ちを感じる時間を持って頂けるとことは何よりありがたいことだと思います。

 

これからもお客様に喜んでいただけるような骨董の器を皆さまにご紹介し、素敵なお客様に嫁いでいけるようにし続けたいと思います。
 
小口様、この度はどうもありがとうございました。
 
IMG_2572
 
【品番#U129】ギヤマン ガラス 平皿
サイズ:直径:26.5㎝ 高さ:3.0㎝
状 態:良好
備 考:大正時代
 
 
[Product #U129] Gearman Glass Flat plate
size:(Diameter): 26.5㎝ (Height): 3.0 ㎝
condition: favourable condition
note: Taisyo-era
 
 
骨董の器は通販も対応しております。
商品の購入をご希望されましたら、以下の方法にてお問い合わせください。
〇当サイトのメールフォーム(contactより)
〇杜鵑草(info@hototogisu.me)へのメール
〇facebook, Instagramのメッセージ
〇Messengerはこちらから
 

是非こちらの記事もご覧ください。
ゴールデンウィークのネット販売会のお知らせ
 
〇品番#U130:色絵 菊図皿
〇品番#U131:輪島塗 鉄線図椀
〇品番#U132:平戸焼 巻物型 角皿
〇品番#U133:唐草図小皿
〇品番#U134:染付山水図 長皿
〇品番#U135:色絵桜図のぞき
 
〇コラム:骨董の器を見て思うこと…
〇コラム:素敵なお客様に嫁いだ器たち

 
 
杜鵑草 ~器と、そのまわり~ 於保亜希子

【コラム】骨董の器を見て思うこと…

IMG_2746いよいよ5月に入りました。
閑散とした都会の街並み、乗客の居ないターミナル駅、
車の走らない高速道路、お客さんの居ないお店、
閉鎖された公園、そして照明の消えた商業施設…
テレビニュースでは繰り返し映し出しています。
 
よい夏を向かえるためにも今が大事だと思います。
来年のゴールデンウィークは必ずやってきます。
今年のご褒美に来年のこの時期は遊びたいです。
 
私はこういう時こそ、骨董の器たちと語り合うことができる時間を持てています。
 
骨董の器たちと向かい合ってじっくり見つめると、いろんな思いがよぎります。
本来ならば長い長い時が経過して古いはずの骨董の器たちもこの時代まで生き抜いてきて今も生きているいのちみたいなものを感じます。
 
自然と共存し、自然と向き合っていた、
当時の人々の様々な思いや願いを込めて
描かれた図柄や技法は、まさに
いまの時代にふさわしく、なぜか不思議にいまの時代でより新しく感じられます。
 
杜鵑草では、これからもそのような器をご紹介していきたいと思います。
 
そしてこの器は盛り付けるお料理の魅力を一層引き出してくれるのが最大の魅力です。
日常使いとしてこの器を使って頂けるようにご紹介していきます。
 
ご自宅で過ごす今年のゴールデンウィークは、
杜鵑草がご紹介する骨董で楽しい時間をゆっくりとたくさんお過ごしください。
 
 
IMG_2748
 
ベロ藍の楼閣図八角変形大鉢をご紹介します。
この器は珍しい形の大鉢です。
上から見た感じ、側面の文様、またベロ藍の色合いがとても素敵です。
 
IMG_2749
 
IMG_2750

 
 
【品番#U092】ベロ藍 楼閣図八角変形大鉢
サイズ:口径:約25.0㎝ 高さ:約10.0㎝ 底径:約13.0㎝
価 格: 27,000円 (税抜)
状 態:良好
備 考:明治時代
 
[Product #U092] Berlin-blue Octagon large bowl with painting of landscape and pavilion
size:(Diameter): approx 25.0cm (Height): approx 10.0cm (Bottom-diameter): approx 13.0cm
price: ¥27,000 (Tax not included)
stock: only one
condition: favourable condition
note: Meiji-era
 
 
骨董の器は通販も対応しております。
商品の購入をご希望されましたら、以下の方法にてお問い合わせください。
〇当サイトのメールフォーム(contactより)
〇杜鵑草(info@hototogisu.me)へのメール
facebook, Instagramのメッセージ
Messengerから
 
 
杜鵑草 ~器と、そのまわり~ 於保亜希子

新型コロナウィルスのお見舞い



例年であれば四月の上旬といえば、
山の木々たちは待ちに待った春を迎え、
新緑は眩しく、
満開をすぎた桜は花吹雪を舞い上げ
この時期なんとも言えない、
そわそわ、ウキウキ、
ちょっと気持ちが高揚する
感じになります。

でも、今はたった1,2か月の間で
世の中が豹変し、
連日テレビから流れて来る映像を観ても
とても現実の出来事とは思えないものばかり、
それはとても暗く、
まっすぐ先を見ても光が見えない、
そんな状況になってしまいました。

けれど私は、どんなときでも
まっすぐ前を向いていきたいと切に思います。
必ず、明かりはさすと信じてます。
そうなることを強く信じ、祈ります。
いまはとても大変で先も見えない時期ですが、
みんなで互いを思いやり、
この境地を乗り越えていけるように
行動できたらいいなと思ってます。



皆様もどうぞ必ず見えてくる光を信じて、
今を明るい世界に戻しましょうね。

三月八日はお釈迦様の誕生を祝う灌仏会です。
花祭とも呼ばれています。
たくさんの春の (草)花々で祝いましょう。

そのうえ、スーパームーンです。
月に力をもらって、祈りましょう、願いましょう。

杜鵑草 於保亜希子

【ご報告】「季節の葉で盛りつける~端午の節句の盛りつけ」ワークショップを開催しました

2019.04.12.019

新しい季節にはいると、なにかが始まりそうな、ウキウキ・ワクワク!自然とそんな気持ちになりますね。
今年は寒の戻りもあって、桜の花も十日過ぎまで少しだけ残ってましたが、葉っぱはどんどん成長し、日に日に葉の色が目立ち始めました。新緑の季節ももう間近に迫ってます。

このワークショップはひとつのテーマをシリーズでやってみたいという希望から始まりました。
第一回は、「七夕の節句」を、第二回が「重陽の節句」をタイトルに、第三回が「お正月と人日の節句」をタイトルに、第四回が「桃の節句(上巳の節句)」をタイトルに、えこわいずさんで行いました。
今回は第五回で「端午の節句」を取り上げました。

前半は講話、後半はワークショップといういう形での開催です…今回でこれも最後だなぁ~としみじみ思ってました。

前半は、“和食の文化にみる「盛りつけ」について” をテーマに、明治から変わり始め今に至る食文化を振り返りながら、現在もなお和食文化としてを生き続ける盛りつけとこれからの私たちについて。

講話は、“ちょっと話の内容が堅いのかなぁ?”なんて思いながらも、参加して頂いている皆さんにはしっかり聞いていただいて、とても緊張感があります…。

2019.04.12.002

五節句の話は今回、「端午の節句」を取り上げました。
端午の節句は「男の子の節句」という印象がありますが、元々は女性のためのお祓いの祀りごとであったこと。
この五月(旧暦で今の6月)という時期は、季節の変わり目でもあり体調を崩す人も多く、なんとかしたいという祈りの想いが強い季節だったのでしょうね。
端午の節句も、中国の行事をもとに日本の行事に取り入れたものではあります。
けれども、この行事に欠かせない、菖蒲の音からいずれ武士の節句となり、繁栄を祈ることから嫡子(男の子)のお祭りとなったのですね。
菖蒲=尚武と結びつけるあたりが、日本人的発想だと思いませんか…?

江戸末期の開国までに作り上げられた日本料理の体系が、明治時代から時を経て現在と加速度的にグローバルな影響を受けていることを改めて考え、知る事は大切なことだと思います。

そして後半はワークショップです。

(ワークショップの様子)

2019.04.12.008

2019.04.12.009

後半のワークショップでは端午の節句をイメージしつつ熊笹で粽(ちまき)を作ったり、お重を使った皆敷でお料理を盛りつけて頂きました。
実はこの粽の中はリエット (パテっぽいの)だったりします。
笹の葉は抗菌作用を持っていることから、こうして手法は古くから伝わる粽の手法だったりしますが、それを見立てる?事の楽しさもこのワークショップで楽しんで頂けるものの一つとしてあります。
今回のお料理は、新緑の季節に合わせ色合いを全てグリーンで統一させてほしいとお願いしました。

今回は、プティ・ダ・プティさんにお料理を作って頂きました。
香月さんご夫妻が作られるお料理には深い深い思いが込められていて、全てこだわりのオーガニックを用いた素材から作られています。

・ブロッコリーの葛寄せ豆腐
・鶏モモ肉のリエットの粽 (ちまき)
・アスパラともちきびのオモニエール(巾着袋)
・ラディッシュのポテトサラダ
・アボガドとクレソンの豆乳キッシュ

・バケット

(参加された方の盛り付けから)
2019.04.12.018
やってる私自身はとてもとても楽しかったのですが、参加された皆さんはいかがでしたでしょうか??
(参加された方の盛り付けから)
2019.04.12.016

この一年、えこわいずさんの「季節の葉で盛りつける」シリーズをやらせていただきましたが、今想うとあっという間の一年でした。
参加された皆さんのご意見を取り入れながらの一年、私自身もとっても勉強になりました。
基本的なことなんだろうとは思いますが、限られた時間内で話をするという事、そして私自身の考えることを資料として配布する事、どれもこれも初めて挑戦することばかりで本当に本当に良い経験をさせて頂きました。

またこの場をおかりして、今回この様な機会を作って頂いたえこわいずの社長、私もわがままを時間を惜しむことなく協力してくれた、和草さん、プティ・ダ・プティの香月さんご夫妻、草花の香りの宗近さん、えこわいずのスタッフの皆さんには心より感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。
そして、参加してくださったお客様、また今回のシリーズを通して参加してくださった方、遠方よりはるばる足を運んでくださったりと、どれだけ励まされたことでしょう…。
心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

2019.04.12.022

これからも、皆敷を使った盛りつけのワークショップを通じ、盛りつけの楽しさと一緒に日本の和食文化の取り持つおもてなしの心がお料理にも自然に散りばめられる……
そんな思いを葉っぱにのせ、少しずつでもこのような機会を増やしていきたいと思っています。

えこわいず facebook 公式ページ ・・・☆こちらから

えこわいずの「季節の葉で盛りつける」ワークショップアーカイブス:

第一回:七夕の節句の盛りつけ(終了)・・・☆ワークショップのようす

第二回:重陽の節句の盛りつけ(終了)・・・☆ワークショップのようす

第三回:お正月、人日の節句の盛りつけ(終了)・・・☆ワークショップのようす

第四回:桃の節句、上巳の節句の盛りつけ(終了)・・・☆ワークショップのようす

第五回: 端午の節句の盛りつけ(終了)

丁寧な暮らしを愉しむ会の案内 ・・・☆こちらから
 
杜鵑草 ~器と、そのまわり~ 於保亜希子

ページトップへ
mishima

於保 亜希子 プロフィール

1968年3月、福岡県生まれ。

骨董商。器コーディネーター。

「器と、そのまわり杜鵑草」 代表。

 

 幼い時より両親の影響で骨董や山野草に囲まれた生活を送り、茶道、華道を学ぶ。

 

短大卒業後、広告制作会社、広告代理店などで勤務。24歳のとき、仕事で出会った骨董の器に見せられ、骨董について学ぶようになる。

学びを深めるうちに、骨董が一部の収集家によって装飾美術品として飾られていることに疑問を感じ、料理とのコーディネートによって、暮らしの中で骨董の素晴らしさを伝えていきたいと考える。結婚して一児の母となった後も骨董に携わり続け、2013年より本格的に骨董商として起業。

 

茶道や華道の要素および、四季の植物を取り入れた皆敷(料理に添える木の葉など、和食の盛り付け文化)の技法を生かし、骨董と料理が織りなす魅力的な世界の構築に挑戦している。

季節感や情景の表現を得意とし、独自の皆敷のスタイルを提唱。

骨董の器と皆敷のワークショップならびにコラム執筆等、精力的に普及活動を行っている。

 

Facebookページ
器と、そのまわり 杜鵑草(ホトトギス)

×
mishima

於保 亜希子 プロフィール

1968年3月、福岡県生まれ。

骨董商。器コーディネーター。

「器と、そのまわり杜鵑草」 代表。

 

幼い時より両親の影響で骨董や山野草に囲まれた生活を送り、茶道、華道を学ぶ。

 短大卒業後、広告制作会社、広告代理店などで勤務。24歳のとき、仕事で出会った骨董の器に見せられ、骨董について学ぶようになる。

 

学びを深めるうちに、骨董が一部の収集家によって装飾美術品として飾られていることに疑問を感じ、料理とのコーディネートによって、暮らしの中で骨董の素晴らしさを伝えていきたいと考える。

結婚して一児の母となった後も骨董に携わり続け、2013年より本格的に骨董商として起業。

 

茶道や華道の要素および、四季の植物を取り入れた皆敷(料理に添える木の葉など、和食の盛り付け文化)の技法を生かし、骨董と料理が織りなす魅力的な世界の構築に挑戦している。

 

季節感や情景の表現を得意とし、独自の皆敷のスタイルを提唱。骨董の器と皆敷のワークショップならびにコラム執筆等、精力的に普及活動を行っている。

 

Facebookページ
器と、そのまわり 杜鵑草(ホトトギス)

×
【 送料について 】
◯配送は日本国内、海外配送ともに対応致します。
◯2カ所以上に配送をご希望の場合は、それぞれに送料が発生します。

地帯名称 南九州 北九州 四国 中国 関西 北陸 東海 信越 関東 南東北 北東北 北海道
県名 熊本県
宮崎県
鹿児島県
福岡県
佐賀県
長崎県
大分県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
富山県
石川県
福井県
岐阜県
静岡県
愛知県
三重県
新潟県
長野県
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
山梨県
宮城県
山形県
福島県
青森県
岩手県
秋田県
 
サイズ 重量(kg)                        
60 2kg迄 500円 500円 600円 500円 700円 800円 800円 800円 800円 1,300円 1,300円 1,700円
80 5kg迄 580円 580円 850円 580円 950円 1,000円 1,000円 1,000円 1,000円 1,550円 1,550円 1,950円
100 10kg迄 1,000円 1,000円 1,200円 1,000円 1,000円 1,250円 1,250円 1,250円 1,250円 1,800円 1,800円 2,200円
140 20kg迄 1,250円 1,250円 1,350円 1,250円 1,450円 1,550円 1,550円 1,550円 1,550円 2,050円 2,050円 2,450円
160 30kg迄 1,500円 1,500円 1,600円 1,500円 1,700円 1,700円 1,700円 1,700円 1,700円 2,300円 2,300円 2,700円
  10kg迄増 250円
170   2,200円 2,200円 2,300円 2,200円 2,300円 2,400円 2,400円 2,400円 2,400円 2,800円 2,800円 3,200円
180   2,450円 2,450円 2,550円 2,450円 2,550円 2,650円 2,650円 2,650円 2,650円 3,050円 3,050円 3,450円
200   2,950円 2,950円 3,050円 2,950円 3,050円 3,150円 3,150円 3,150円 3,150円 3,550円 3,550円 3,950円
220   3,450円 3,450円 3,550円 3,450円 3,550円 3,650円 3,650円 3,650円 3,650円 4,050円 4,050円 4,450円
240   4,450円 4,450円 4,550円 4,450円 4,550円 4,650円 4,650円 4,650円 4,650円 5,050円 5,050円 5,450円
260   5,450円 5,450円 5,550円 5,450円 5,550円 5,650円 5,650円 5,650円 5,650円 6,050円 6,050円 6,450円

※税別価格表示
※沖縄については別途料金を適用させて頂きます。
※離島については、別途実費をご負担お願いします。

×