杜鵑草 器と、そのまわり hototogisu

【ご報告】「季節の葉で盛りつける~お正月の盛りつけ」ワークショップを開催しました

<参加いただいた方の作品から>
46981270_668951313500018_2696835760731979776_n
 
いよいよ師走ですね。
今年の夏は七月に中国地方の大雨、八月には異常なほどの台風の通過、九月には近畿地方を直撃、
さらに北海道に大きな地震まで発生し、自然の猛威に驚かされるばかりでした。
年末は少しだけ、安らいだ心で新しい年に向けての準備をしたいです。
 
 
前回もお伝えしましたが、このワークショップはひとつのテーマをシリーズでやってみたいという希望から始まりました。
第一回は、「七夕の節句」を、そして第二回が「重陽の節句」をタイトルに、えこわいずさんで行いました。
そして第三回の今回は、「お正月と人日の節句」を取り上げました。
 
 
今回は盛りつけの時間をたくさん取りたかったので、皆さんの自己紹介はグループ内でおこないました。
テーブルを回りながら、皆さんに参加の理由を伺うと、あらためてこの会を開いて良かったと思いました。
 
 
<ワークショップのようす>
47179103_631492767248773_8535524228307353600_n
 
前半は講話、後半はワークショップといういう前回と同じ形式で行いました。
 
 
前半は、“食の歴史にまつわる「盛りつけ」について” をテーマに、
「日本料理」とは、なにを発祥としたのか?なにを起源にするのか?
副題では「宮中における起源」という事について触れてみました。
 
 
五節句の話は今回、「人日の節句」を取り上げました。
人日の節句、一年のはじまりから数えて七日目、人の日であるこの日に春の七草の霊力を身につけ邪気を払い、無病息災を願うことがこの日の行事です。
 
来年の一月七日は、お正月のお料理やお酒をたくさん採って疲れた胃腸を七草のお粥でいたわり、一年の無病息災を祈って頂けると嬉しいです。
 
 
お正月のおせち料理についても触れて見ました。
おせち料理が、元来、「節句」とよばれる節日に食される料理で「御節供料理」としてよばれていたこと。
そして、お正月の御節供料理は、歳神様をお迎えした際に差し上げる饗(あえ)、「饗応料理」として使われていたということです。
 
 
<ワークショップのようす>
47105190_1848557151930023_63519607075373056_n
 
 
47078556_330983201072470_31241020880453632_n
 
後半のワークショップではおせちをすこしカジュアルにアレンジし、普段なかなか触れることのない年代物もお重を使ってワクワクと気持ちが盛り上がる皆敷を用いてスタイリングにチャレンジして頂きました。
このお重は、大使館でも用いたどれも私のお気に入りのお重です。皆さん様々な盛りつけをされてるのを見ているだけで私もとても嬉しくなりました。
 
 
また、今回のお料理はプティ・タ・プティの香月さんご夫妻のご協力で、七品のお料理を作って頂きました。
香月さんご夫婦は仕事が終わった後に前準備の打合せ、私の色々な無理な希望にも快くご対応頂きました。
プティ・タ・プティの香月さん、千代子さん本当にありがとうございました。
 
 
これからも、皆敷を使った盛りつけのワークショップを通じ、盛りつけの楽しさと一緒に
日本の和食文化の取り持つおもてなしの心がお料理にも自然に散りばめられる・・・
そんな思いを葉っぱにのせ、少しずつでも機会を設けていきたいと思っています。
 
 
えこわいず facebook 公式ページ ・・・☆こちらから
 
 
 
「季節の葉で盛りつける」ワークショップのご紹介 :
 
第一回:七夕の節句の盛りつけ(終了)・・・☆ワークショップのようす
 
第二回:重陽の節句の盛りつけ(終了)・・・☆ワークショップのようす
 
第三回:お正月の盛りつけ(終了)
 
第四回:2月22日(金曜日)
 タイトル: 桃の節句の盛りつけ
 テーマ: 食の歴史にまつわる「盛りつけ」 ~武家文化と大衆化~
 
第五回:4月19日(金曜日)
 タイトル: 端午の節句の盛りつけ
 テーマ: 和食の文化でみる「盛りつけ」について
 
第四回以降のお申込みは、主催「丁寧な暮らしを愉しむ会」の要綱にてお手続きください。
丁寧な暮らしを愉しむ会の案内 ・・・☆こちらから
 
 
 

杜鵑草では下記の業務を承っております。

  • 骨董の器と皆敷を用いたコーディネイト
  • 骨董の器の販売・コーディネイト
  • 皆敷のワークショップの開催
  • 皆敷用の葉っぱの販売
  • 骨董の器の買取り

どうぞお気軽にお問い合わせください。
ご希望の方はメールフォームにてお問い合わせください。
MAIL info@hototogisu.me
 
 
アトリエ&ショップ
811-1111 福岡市早良区脇山1-14-57
TEL 090-4758-3496
MAIL hototo@hototogisu.me
 
営業情報
営業日:土・日曜日(不定期)
営業時間:10:00〜17:00
※お越しになりたいときに事前にご連絡ください
 
 
器と、そのまわり
杜鵑草 – ホトトギス -[骨董の器と皆敷]
代表 於保 亜希子

ページトップへ
mishima

於保 亜希子 プロフィール

1968年3月、福岡県生まれ。

骨董商。器コーディネーター。

「器と、そのまわり杜鵑草」 代表。

 

 幼い時より両親の影響で骨董や山野草に囲まれた生活を送り、茶道、華道を学ぶ。

 

短大卒業後、広告制作会社、広告代理店などで勤務。24歳のとき、仕事で出会った骨董の器に見せられ、骨董について学ぶようになる。

学びを深めるうちに、骨董が一部の収集家によって装飾美術品として飾られていることに疑問を感じ、料理とのコーディネートによって、暮らしの中で骨董の素晴らしさを伝えていきたいと考える。結婚して一児の母となった後も骨董に携わり続け、2013年より本格的に骨董商として起業。

 

茶道や華道の要素および、四季の植物を取り入れた皆敷(料理に添える木の葉など、和食の盛り付け文化)の技法を生かし、骨董と料理が織りなす魅力的な世界の構築に挑戦している。

季節感や情景の表現を得意とし、独自の皆敷のスタイルを提唱。

骨董の器と皆敷のワークショップならびにコラム執筆等、精力的に普及活動を行っている。

 

Facebookページ
器と、そのまわり 杜鵑草(ホトトギス)

×
mishima

於保 亜希子 プロフィール

1968年3月、福岡県生まれ。

骨董商。器コーディネーター。

「器と、そのまわり杜鵑草」 代表。

 

幼い時より両親の影響で骨董や山野草に囲まれた生活を送り、茶道、華道を学ぶ。

 短大卒業後、広告制作会社、広告代理店などで勤務。24歳のとき、仕事で出会った骨董の器に見せられ、骨董について学ぶようになる。

 

学びを深めるうちに、骨董が一部の収集家によって装飾美術品として飾られていることに疑問を感じ、料理とのコーディネートによって、暮らしの中で骨董の素晴らしさを伝えていきたいと考える。

結婚して一児の母となった後も骨董に携わり続け、2013年より本格的に骨董商として起業。

 

茶道や華道の要素および、四季の植物を取り入れた皆敷(料理に添える木の葉など、和食の盛り付け文化)の技法を生かし、骨董と料理が織りなす魅力的な世界の構築に挑戦している。

 

季節感や情景の表現を得意とし、独自の皆敷のスタイルを提唱。骨董の器と皆敷のワークショップならびにコラム執筆等、精力的に普及活動を行っている。

 

Facebookページ
器と、そのまわり 杜鵑草(ホトトギス)

×