杜鵑草 器と、そのまわり hototogisu

【品番#U127】染付牡丹図大なます 皿 (Namasu large dish with design peony underglaze blue)

IMG_9298
 
世の中は相変わらず混沌としていますが、私の中ではなにか清々しく心地いい春の日を送っています。
例年なら5月のゴールデンウィークに咲く草花がもう開き始めてます。山の景色も季節を先取りしているかのようで、「もっとゆっくりでもいいのに〜」とそんな想いだったりもします。
 
今日は少しだけ、切ない出来事のお話しをしたいと思います。先日、私のお世話になった方の娘さんが36歳という若さで天に召されました。
 
私の若かりし頃にとてもお世話になった、私にとってこの世界への水先案内人のような方の娘さんです。
当時の私は本当にその方のご家族の生活の中に溶け込ませていただいていたくらい、ご家族とは親密な関係でした。その家族の中にあって天真爛漫な彼女は底抜けに明るく、ご両親の愛情をたくさん受けて育ったんだと感じられる太陽のような女の子でした。
 
それから長い時が過ぎ、遠く離れたこともあってそのご家族とも疎遠になっていました。
あるとき、私の友達を介して本当に偶然にも娘さんに再会した私は、可愛い可愛いというイメージの女の子がキレイな美しい女性に成長した事に驚き、それでいて変わらない天真爛漫さに距離のあった空間がぐっと引き寄せられました。
 
お母さんに似てすごく頑張り屋さんだった彼女は、再会した時にも変わらずたくさんの事にチャレンジしていて、今思うとちょっぴり生き急いでいたかのように感じた事が想い出されてなりません。
 
彼女が再びつなぎ合わせてくれた縁で今の関係があることを思えば感謝してもしきれません。そのおかげで当時お世話になった方とのお付き合いが再びでき、今、私がここに居ます。
人生の最後を彼女の大好きだった実家で大好きなお母さんと過ごせたことは、彼女にとってこの上ない至福の時だったのではないでしょうか。
 
天国にいった彼女は今、きっとお父さんに再会してあの頃と同じような明るい表情で過ごしていることでしょう。
彼女のことを想い出すと涙が込み上げてきます。だから今でも彼女の早すぎる旅立ちを惜しまずにはいられません。
「もっとゆっくりでもいいのに…」、季節も人生もゆっくりと過ぎていけばいいなぁと思います。
 
IMG_9311
今回は春の野菜で何かできないかということで、新玉ねぎを丸ごとスープでコトコトと煮込んだお料理になります。
このお料理は、パリに住んでいる知人の料理人の方にアドバイスを受けて作ってみました。
今週は色々あってお料理の時間が取れませんでしたが、与えられた時間の中で精いっぱいやってみました。
器はひとまわり大きく深みのあるなます皿になります。
牡丹の図柄がとても良い雰囲気を出しています。生地の色と染付の色が上品で大好きな器のひとつです。
 
IMG_9315
 
IMG_9314
 
こちらの器について前回のご紹介もご覧ください・・・こちらから
 
 
【品番#U127】染付牡丹図大なます 皿
サイズ:直径:15.5㎝ 高さ:5.5㎝
価 格:5,300円 (税抜) / 枚 (5客 バラ売り対応可能)
状 態:良好(一枚に窯キズ有り)
 
 
[Product #U127] Namasu large dish with design peony underglaze blue
size:(Diameter): approx 15.5㎝ (Height): approx 5.5 ㎝
price: ¥5,300 / 1 plate (Tax not included)
stock: 5 in all (possible to sold individually)
condition: favourable condition
note:
 
 
骨董の器は通販も対応しております。
商品の購入をご希望されましたら、以下の方法にてお問い合わせください。
〇当サイトのメールフォーム(contactより)
〇杜鵑草(info@hototogisu.me)へのメール
facebook, Instagramのメッセージ
〇Messengerはこちらから
 
 
杜鵑草 ~器と、そのまわり~ 於保亜希子

【品番#U166】籃胎漆器 研ぎ出し盆(Rattan lacquerware grinding finish tray)

IMG_9211
 
春のポカポカと気持ちのいいお天気が続きます。なんていい季節でしょうか。
庭に出れば蕨(わらび)に蕗(ふき)、そして筍(たけのこ)までもがあっちこっちから生えています。また山を歩きながら空を見上げれば山々に眩いばかりの青々とした新緑が気持ちよく風に乗ってさわさわと歌っています。
 
今年はすでに山藤も満開です。私の感覚では今年はどうやら1ヶ月弱ほど春が早くやって来ているように感じます。
そして目線を下げると大好きな草花たち、マツバウランソウ、キランソウにラショウモンカズラが咲き揃っています。この草花たちはみんな紫色系統の草花ばかりで色の濃淡、グラデーションがとても綺麗です。
こうしてまた同じ時期に咲き誇る草花たちに、「今年も会えたね~」と思わず手を合わせたくなるような、そんな自然の営みに偉大な力を感じ只々感動しています。
 
私が皆敷でよく用いる射干(シャガ)は、今の時季の4〜5月頃の山あいのあちらこちらで綺麗な薄紫色の花を咲かせます。
この射干の花は、同じく薄紫の色をした燕子花(カキツバタ)の親戚のような色と形をしています。
今回は、「山に咲く射干の景色を盛り付けで表現したいな」と思って「いきなりだご」の中に入れる芋を紫芋で作ろうと試みてみました。そうです、今週は熊本県の郷土菓子である「いきなりだご」にチャレンジです。
 
「いきなりだご」とは輪切りにしたサツマイモを小麦粉を練って伸ばした皮で包み、蒸したものになります。
そういえば息子が熊本の学校にいた頃は、街のあちらこちらに「いきなりだご」と書かれた小さな垂れ幕を下げたお店を見た記憶があリます。
他にも道の駅などでもよく目にしました。今では熊本県下だけでなく様々なところで広く親しまれている郷土菓子になります。
 
IMG_9193
 
どうして「いきなりだご」と呼ばれるかというと、サツマイモを輪切りにし、「そのまま(いきなり)生の芋を団子の皮で包んで蒸す」ところからきたようです。いきなり団子、そのまま団子という訳ですね。「いきなりまんじゅう」と呼ぶ地域もあるようです。
もともとは米作の少ない農家の主食代わり、または農繁期のおやつとして作られていたものでしたが、戦中戦後の食糧難時代には貴重なデンプンの供給源として、熊本では家庭で重宝されたそうです。
 
少し前に「やせうま」を作ったことでかなり小麦粉の特徴が分かってきたので、今回もその時のことを思い出しながら作ってみました。
ところがこの時期、紫いもは入手が困難と言うこともあって、紅芋を紫芋のパウダーでまぶしてみることにしました。
芋を包む生地の厚みや凹凸が表に出て紫の色が微妙に変わってくることが分かったので、その加減を色々試行錯誤しながら頑張ってみました。
気がつけばテーブルの上には数えきれないくらいたくさんの「いきなりだご」が産み出されていました…。
すっかりのめり込んだ私はまだまだ作業をやっていたかったのですが、今週もここでタイムオーバーということになりました。
 
若干イメージしたものと違ってはいましたが、「いきなりだご」の紫のグラデーションからも春の山に薄紫の草花が咲き乱れる景色を想像して頂けるといいなと思っています。
本当にあっと言うまにできるお菓子だったのでどうぞ気が向かれたらご自宅でも作ってみられてください。
 
IMG_7092
 
今回器に使ってものは、籃胎漆器(らんたいしっき)のお盆になります。以前にご紹介したものになりますが、このようにとても使い勝手のよい盆になります。
器として使うにはちょっと大きく感じられるかもしれませんが、盛り付けるものに対しての余白からは上品さが感じられ、かつ全体に緊張感が表現されます。私はそういうことからもどちらかというといつもちょっと大きめの器をご提案しています。
状態も良好ですので、ぜひこちらのお盆をお試しになってはいかがでしょうか。
 
こちらの器について前回のご紹介もご覧ください・・・こちらから
 
 
【品番#U166】籃胎漆器 研ぎ出し盆
サイズ:直径:26.0㎝ 高さ:2.0㎝
価 格:4,000円(税抜) / 枚(8枚あり、バラ売り対応可能 )(19,000円(税別)/5枚セット)
状 態:良好
備 考:
 
 
[Product #U166] Rattan lacquerware grinding finish tray
size:(Diameter): approx 26.0cm (Height): approx 2.0cm
price: ¥4,000/1 plate (Tax not included) (¥19,000/set of 5 plates)
stock: 8 in all (possible to sold individually)
condition: favourable condition
note:
 
 
骨董の器は通販も対応しております。
商品の購入をご希望されましたら、以下の方法にてお問い合わせください。
〇当サイトのメールフォーム(contactより)
〇杜鵑草(info@hototogisu.me)へのメール
facebook, Instagramのメッセージ
〇Messengerはこちらから
 
 
杜鵑草 ~器と、そのまわり~ 於保亜希子

【品番#U125】クリア プレスガラス 皿 (Pressed transparent glass dish)

IMG_9050
 
春らしい陽気になりました。
あまりにもお天気がいい日はお布団を干します。日中、十分にお日様に当たったお布団は寝る時に最高に幸せな気持ちにさせてくれます。
それからこうもお天気がいいとどこかに出かけたくなり、ちょっと足を伸ばして太宰府天満宮まで散歩に行きました。
一時期は閑散とした様子だった参道も、今ではその様子から一変して多くの人たちで賑わっていました。
 
太宰府天満宮に行くと必ず立ち寄るお店が参道には幾つかあります。その一つが「梅園」というお菓子屋さんです。
こちらのお菓子屋さんは祖母が太宰府天満宮に行くと必ずと言っていい程通っていたお店ですが、梅園に行くと必ず求めるのが「うそもち」、「宝満山」と「鬼まつば」というお菓子です。
「うそもち」は正式には「うその餅」と言いますが、祖母がそう呼んでいたので、私の中では「うそもち」になっているので、ここでは「うそもち」と使わせて頂きます。
このお菓子には祖母との想い出がたくさん詰まっているのですが、今でも店頭にこれらのお菓子は変わらず並んでいます。
祖母はこの「うそもち」が入っている箱に和紙を貼りお薬入れにしたり、何かと小物をこの箱に入れて楽しんでいました。
私は子供心ながら祖母がその箱から物を取り出す様を今でも鮮明に覚えています。もちろん箱だけでなくお菓子も大好きでした。
 
ですので太宰府天満宮に行ってこのお菓子を買い求めては祖母の姿を想い出し懐かしんでいます。
今回も「うそもち」を購入しました。この「うそもち」にはいつもは焼き物でできた「うその人形」のミニチュアが入っているのですが、今回は幸運にも期間限定で年に一度出される木彫りの「木うそ」入りの「うそもち」を買い求めることができました。お店の方が仰るには今年はコロナの影響でまだ数が残ってたということでした。
 
「うそもち」のお菓子は太宰府天満宮の「うそ替え」神事にちなんだもので、新春の一月七日の夜に老楠の下に群り集まった参拝者同士で「木うそ」を手にして「替えましょう、替えましょう」と言ってはお互いに交換しあいます。お互いに替え「うそ」をうそに替えて天神様の「誠(まこと)」をいただくという意味が含まれているのだそうです。
天満宮では「鷽(うそ)」は幸運の守り神として信仰があり、古来「うそ替え」は一年中の嘘を神前で誠に取り替えて罪を滅ぼすためであると言わるのだそうです。鷽(うそ)と嘘(うそ)の音が同じことから、「うそ笛」はこの鷽の鳥をかたどり素朴な笛の音は福(ふく)を招くと言われています。
 
IMG_9057
 
今回はその「うそもち」をガラス皿に盛ってみました。
「うそ」という鳥を実際に見たことはありませんが、新緑の春と「うそ替え」の神事のお話をイメージしながら、耳を澄ますと綺麗な鳴き鳥の声の音が聞こえてくるようなそんな事をイメージしてみました。
こちらの器は八角のカットがとてもキラキラと綺麗なガラスの皿です。ちょこちょこっと盛り付けるのにとても便利な大きさです。
新緑のキラキラ眩しい光をこちらの器のカットに見立てて見ました。
 
こちらの器について前回のご紹介もご覧ください・・・こちらから
 
 
【品番#U125】クリア プレスガラス 皿
サイズ:タテ: 7.5㎝ /  ヨコ: 7.5㎝ /  高さ: 1.5㎝
価 格:1,200円 (税抜) / 枚 (3枚 バラ売り対応可能)
状 態:良好
 
 
[Product #U125] Pressed transparent glass dish
size:(Diameter): (Length)(side)approx 7.5㎝ / (Height): approx 1.5 ㎝
price: ¥1,200/1 plate (Tax not included)
condition: favourable condition
stock: 3 in all (possible to sold individually)
note:
date:
 
骨董の器は通販も対応しております。
商品の購入をご希望されましたら、以下の方法にてお問い合わせください。
〇当サイトのメールフォーム(contactより)
〇杜鵑草(info@hototogisu.me)へのメール
facebook, Instagramのメッセージ
〇Messengerはこちらから
 
 
杜鵑草 ~器と、そのまわり~ 於保亜希子

【品番#U134】染付山水図 長皿 ( Rectangular plate of Dyed Landscape Map )

IMG_8972
福岡ではまさに桜が満開で、今週末には散り始めるくらいに今年の桜は早咲きでした。
気温も20度を越えた今日は桜の香りがただよって、胸の奥から香りを吸い込みエネルギーを感じ取りました。
 
すっかり郷土料理の魅力にはまった私は今回、学生時代を過ごしたとても想い出深い長崎の郷土料理「アルマド」をちょっとアレンジして作ってみることにしました。
作るにあたり「アルマド」についてをちょっと調べてみたところ、オランダ語「アルマトーレ(包み込む)」が名前の語源といわれ、赤く色をつけたゆで卵を魚のすり身で包み込んで揚げたものです。ちなみにアルマドの語源にはポルトガル語やスペイン語など諸説あるようです。
アルマドは長崎でのお祝いの席で出される縁起がいいお料理として親しまれています。ピンク色に色付けたタマゴは竜の目の勢いを表すようにも感じます。
 
他にハトシというエビなどのすり身をパンに挟んで揚げる揚げパンなどなど長崎の文化を感じさせる料理がいくつもありますが、江戸時代の鎖国が続いた中でも海外との交易をおこなっていた長崎らしい郷土料理だと思います。
 
今回、私は卵に色をつけるのに食紅の変わりに赤ワインを使ってみました。赤ワインに漬け込むのが良いのではないかということを料理人さんにお聞きして、さすがのアイディアだと思って取り入れてみました。
赤ワインといえば牛肉かな?と牛肉で包むことにしました。でもこれだと包んだお肉が割れたり、何度やってもなかなかイメージ通りにはいきませんでした。
最初の試作のときは鶏肉でうまくいったので、牛肉でも同じだろうと正直ちょっと安易に考えていたのが良くなかったのだと思います。
結局、何度も試作を重ねた結果、ワインの赤いラインは鶏肉の方が綺麗に出る事や、味が優しく感じられる事などなどあって鶏肉で作ってみました。
食べてみると卵に十分ワインが染み込んでいて、ひと口食べただけで口の中にワインの風味が広がり美味しかったので、これはこれでありなのかなと思いました。実はここまで仕上がるのに何度も失敗を重ねてて卵を2ケース以上も使ってしまいました。
色々と試行錯誤しながら結果うまくはいきませんでした。もっと色付けの方法やお肉と卵のバランスを変えたりしてみたかったのですが、残念ながらタイムオーバーとなりました。ですが色々とイメージをしながら作っていく過程はなんとも楽しくとても面白いです。
本来の「アルマド」の魚のすり身の甘味と弾力のある食感はやはり故郷の味がしてとても美味しいんですよ。
 
IMG_8867
 
私は器をご紹介する立場なので、これまではこの器にあうお料理はどんなものだろう?というふうに構想することが多かったのですが、ここ数ヶ月は器の紹介をする際、より具体的に料理に合わせた器を選んでいることに気付きました。こういうイメージの表現方法を骨董の器選びを趣味にしていたころには、いつもやっていたなぁ…とあらめて感じる今日この頃です。
今後の商品の仕入れもご案内もきっと変わってくるんじゃないかなとこれからが楽しみでもあります。
 
 
IMG_2847
 IMG_2850
 
IMG_2849
 
こちらの器について前回のご紹介もご覧ください・・・こちらから
 
【品番#U134】染付山水図 長皿
サイズ:タテ:11.5㎝ ヨコ:20.0㎝ 高さ:4.0㎝
価 格:37,000円 (税抜) / 5枚セット (バラ売り対応不可)(応相談)
状 態:良好
備 考:
 
[Product #U134] Rectangular plate of Dyed Landscape Map
size:(Width): 20.0cm (Depth): 11.5cm (Height): 4.0cm
price: ¥37,000/set of 5 pieces (Tax not included)
stock: 5 in all (impossible to sold individually)
condition: favourable condition
note:
date:
 
骨董の器は通販も対応しております。
商品の購入をご希望されましたら、以下の方法にてお問い合わせください。
〇当サイトのメールフォーム(contactより)
〇杜鵑草(info@hototogisu.me)へのメール
facebook, Instagramのメッセージ
〇Messengerはこちらから
 
 
杜鵑草 ~器と、そのまわり~ 於保亜希子

【品番#U179】sold out-輪島塗 梨子鳳凰図 吸物盆 (Wajima-nuri soup cup tray of Phoenix painting)

IMG_8784
 
桜があちらこちらで咲き始めました。
少し前に家にいると鶯が可愛い声で鳴いているのが聞こえました。
まだ子どもの鶯だったのでしょうか、しばらく目を閉じて耳を済ましその鳴き声を聞いていたのですが、どう聞いても「ホーホケキョ」とは聞こえませんでした。
でも、なんどもなんども鳴いてはお喋りができるようになったことを楽しんでいる子どもの鶯のように聞こえてなりません。
すっかり時間を忘れて、しばらくその鳴き声を楽しみながら聞き入っていました。
 
前回の投稿で「やせうま」作りが思いのほか楽しかったので、今回もまた自分で作ってみたい郷土料理を私なりにアレンジして作ってみました。
今回は「押し抜きずし」です。この「押し抜きずし」は香川県の郷土料理になります。
「押し抜きずし」は読んで字のごとく型につめたお寿司を抜くのですが、その由来について触れたいと思います。
瀬戸内海は春から夏にかけて外海から卵を産みにくる魚で賑わうのだそうです。
麦が色づく頃には、海の魚は「鯛」から「鰆(さわら)」に変わり讃岐の人々はこの鰆のことを春魚(はるいお)と呼ぶんですね。農家ではこれから始まる麦作業、田植えなどの労働力を貯える為に、各農家ごとに鰆を一本ずつ買ってどっさりの鰆料理をするのです。
様々な鰆料理の中でもこの「押し抜きずし」は押し抜きの型は各家の主婦が自分で作るので、四角、三角と単調な型だったものが梅や、扇型など、最近では小型なもので押したりするようになったみたいです。
 
IMG_8790 
「押し抜きずし」には、薄焼き卵、そら豆、鰆の上身を上にのせて押すのですが、今回私は、薄焼き卵にスナップエンドウ、よもぎの揚げたものを代用しました。
そしてお寿司の中の具材は、しいたけ、凍り豆腐、人参、しいたけを炊いたものに、蕗を詰め込みます。
今回は私はこの「押し抜きずし」を作りたかったわけは新緑の春の若葉を「押し抜きずし」で表現したかったので、白とグリーンのストライプを作って押してみました。グリーンにはヨモギの葉を酢めしの中に混ぜ込むのですが、ヨモギには筋があるので、あらかじめ素揚げをしたものを十分油切りして刻み込んで酢めしに入れました。この素揚げの知恵はお料理人さんに教えて頂いたものです。
グリーンの色がイメージよりかなり薄かったのですが、まぁまぁこんなものだと納得しています。
今回作ってみて、「押し抜きずし」はまだ他にもいろんなアイデアがあるなぁと感じました。春の山菜を混ぜ込んでみたり、次回は海外のお寿司のような具材の断面を綺麗に見せるように押してみたり、、などなどまた作ってみたいと思いました。
 
 
今回ご紹介する商品は輪島塗の吸物盆になります。使い勝手の良いサイズ感と図柄もいい感じです。
何と言っても盛り付けがしやすい、盛り付けのイメージが描きやすいお盆です。
あと私が気に入ったのはほんのわずか(1.5㎝ですが)脚が付いているところが上品でいいなと感じています。
共箱もかなりしっかりとしていい感じです。
本来ならば今回の商品は10枚共箱付でどなたかのもとへ嫁がせたかったのですが、残念なことに1枚だけ状態のよくないものを見つけてしまいました。とてもがっかりです。
ですので、今回は5枚はセットと残りの4枚はバラ売りにすることにしました。共箱は5枚セットで購入頂いた方におつけしたいと思います。
 
IMG_8809
 
IMG_8811
 
IMG_8812
 
IMG_8814
 
 
【品番#U179】輪島塗 梨子鳳凰図 吸物盆()
サイズ:本体(縦横): 約26.0㎝ (高さ) 3.8㎝ (口台) 約1.5㎝
価格:Sold out
備考:
 
 
[Product #U178] (Wajima-nuri soup cup tray of Phoenix painting)
size: (Diameter): approx 23.5cm (height) approx 4.0cm (Foot diameter) approx 13.8cm
price: Sold out
stock: none
condition: favourable condition
date:
 
骨董の器は通販も対応しております。
商品の購入をご希望されましたら、以下の方法にてお問い合わせください。
〇当サイトのメールフォーム(contactより)
〇杜鵑草(info@hototogisu.me)へのメール
facebook, Instagramのメッセージ
〇Messengerはこちらから
 
 
杜鵑草 ~器と、そのまわり~ 於保亜希子

ページトップへ
mishima

於保 亜希子 プロフィール

1968年3月、福岡県生まれ。

骨董商。器コーディネーター。

「器と、そのまわり杜鵑草」 代表。

 

 幼い時より両親の影響で骨董や山野草に囲まれた生活を送り、茶道、華道を学ぶ。

 

短大卒業後、広告制作会社、広告代理店などで勤務。24歳のとき、仕事で出会った骨董の器に見せられ、骨董について学ぶようになる。

学びを深めるうちに、骨董が一部の収集家によって装飾美術品として飾られていることに疑問を感じ、料理とのコーディネートによって、暮らしの中で骨董の素晴らしさを伝えていきたいと考える。結婚して一児の母となった後も骨董に携わり続け、2013年より本格的に骨董商として起業。

 

茶道や華道の要素および、四季の植物を取り入れた皆敷(料理に添える木の葉など、和食の盛り付け文化)の技法を生かし、骨董と料理が織りなす魅力的な世界の構築に挑戦している。

季節感や情景の表現を得意とし、独自の皆敷のスタイルを提唱。

骨董の器と皆敷のワークショップならびにコラム執筆等、精力的に普及活動を行っている。

 

Facebookページ
器と、そのまわり 杜鵑草(ホトトギス)

×
mishima

於保 亜希子 プロフィール

1968年3月、福岡県生まれ。

骨董商。器コーディネーター。

「器と、そのまわり杜鵑草」 代表。

 

幼い時より両親の影響で骨董や山野草に囲まれた生活を送り、茶道、華道を学ぶ。

 短大卒業後、広告制作会社、広告代理店などで勤務。24歳のとき、仕事で出会った骨董の器に見せられ、骨董について学ぶようになる。

 

学びを深めるうちに、骨董が一部の収集家によって装飾美術品として飾られていることに疑問を感じ、料理とのコーディネートによって、暮らしの中で骨董の素晴らしさを伝えていきたいと考える。

結婚して一児の母となった後も骨董に携わり続け、2013年より本格的に骨董商として起業。

 

茶道や華道の要素および、四季の植物を取り入れた皆敷(料理に添える木の葉など、和食の盛り付け文化)の技法を生かし、骨董と料理が織りなす魅力的な世界の構築に挑戦している。

 

季節感や情景の表現を得意とし、独自の皆敷のスタイルを提唱。骨董の器と皆敷のワークショップならびにコラム執筆等、精力的に普及活動を行っている。

 

Facebookページ
器と、そのまわり 杜鵑草(ホトトギス)

×
【 送料について 】
◯配送は日本国内、海外配送ともに対応致します。
◯2カ所以上に配送をご希望の場合は、それぞれに送料が発生します。

地帯名称 南九州 北九州 四国 中国 関西 北陸 東海 信越 関東 南東北 北東北 北海道
県名 熊本県
宮崎県
鹿児島県
福岡県
佐賀県
長崎県
大分県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
富山県
石川県
福井県
岐阜県
静岡県
愛知県
三重県
新潟県
長野県
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
山梨県
宮城県
山形県
福島県
青森県
岩手県
秋田県
 
サイズ 重量(kg)                        
60 2kg迄 500円 500円 600円 500円 700円 800円 800円 800円 800円 1,300円 1,300円 1,700円
80 5kg迄 580円 580円 850円 580円 950円 1,000円 1,000円 1,000円 1,000円 1,550円 1,550円 1,950円
100 10kg迄 1,000円 1,000円 1,200円 1,000円 1,000円 1,250円 1,250円 1,250円 1,250円 1,800円 1,800円 2,200円
140 20kg迄 1,250円 1,250円 1,350円 1,250円 1,450円 1,550円 1,550円 1,550円 1,550円 2,050円 2,050円 2,450円
160 30kg迄 1,500円 1,500円 1,600円 1,500円 1,700円 1,700円 1,700円 1,700円 1,700円 2,300円 2,300円 2,700円
  10kg迄増 250円
170   2,200円 2,200円 2,300円 2,200円 2,300円 2,400円 2,400円 2,400円 2,400円 2,800円 2,800円 3,200円
180   2,450円 2,450円 2,550円 2,450円 2,550円 2,650円 2,650円 2,650円 2,650円 3,050円 3,050円 3,450円
200   2,950円 2,950円 3,050円 2,950円 3,050円 3,150円 3,150円 3,150円 3,150円 3,550円 3,550円 3,950円
220   3,450円 3,450円 3,550円 3,450円 3,550円 3,650円 3,650円 3,650円 3,650円 4,050円 4,050円 4,450円
240   4,450円 4,450円 4,550円 4,450円 4,550円 4,650円 4,650円 4,650円 4,650円 5,050円 5,050円 5,450円
260   5,450円 5,450円 5,550円 5,450円 5,550円 5,650円 5,650円 5,650円 5,650円 6,050円 6,050円 6,450円

※税別価格表示
※沖縄については別途料金を適用させて頂きます。
※離島については、別途実費をご負担お願いします。

×